世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初めての織り体験

ずーと前から興味のあった「織り物」

旅でいろんな国で、たくさんの伝統工芸や雑貨を見てきたけれど、
一番自分の目が輝いたのが「織り物」

店頭で売られている織物を見るのはもちろん、
人里離れた田舎でおばあちゃんが家の軒で
織物をしていたりすると、寄って行って横でずーと見ていた。
そのシーンは何故か今でも覚えている。

おばあさんが織っていたのは華やかでな色でもなく、
模様があるものでもなく、ただの「白い布」。
でも、きっとその布はおばあさんの家族が使うもので、
そういう日用品としての布を織っている、そのことが
今の大量生産の世界にどっぷりと使っている私には
ものすごく新鮮に思えた。

いつか、自分も織ってみたい。
織って作られた商品よりも、「織る」こと自体、
あのシンプルな機械でひとつの布が出来上がること、
それが私にはものすごく素敵なことに思えた。。

そして、ついに今日、織りの一日体験に行ってきました。

結果は、、、出来上がった時に先生に
「ものすごく楽しそうに織っていましたね(笑)」と
言われるくらいに、ものすごく楽しかった!!!

織り機には既に縦糸が張られた状態で、私達がするのは
ひたすら緯糸を織っていくだけ。
行程は簡単で10分もすれば慣れてきて、どんどん布の幅が太くなっていく。

「からん、からん」という織り機の音も心地いい。

昔の女性は織りをしながら、いろんなことが考えていたんじゃないかと
ふと思ったりもした。

waving02.jpg
一人一台、使えます。

waving05.jpg
縦糸はすでに張られているけど、緯糸を選べる。
明るめの紫をチョイス。素材は絹

waving03.jpg
「からん、ころん」と音を立てて織っていく。
純粋に楽しいです!

waving04.jpg

waving01.jpg
ストールの出来あがり

1時間ほどで、ストールが完成!!!

出来上がったストールは正直どうでもよくて、
「織る」ということを体験できたことがとてもよかった。

デジタルの世界では絶対感じることの出来ない
時間を過ごすことが出来て本当によかった。
本気で織りを習ってみようかと考え中です。

| 日本 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |