世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

他人にはわからないことがある。

仕事が一段落したときに
ついついチェックしてしまう「Yahoo ニュース」と
その記事対する「コメント欄」。

今日、ふと目に留まったのが
「皇太子さま、晩さん会に出席=雅子さまはホテルで静養」
というニュース。
この記事に対するコメントが皇太子妃に対する非難ばかりで
びっくりした。
「10時間も飛行機に乗れて晩餐会に出れないのはおかしい」
「税の無駄遣い」
「皇太子がひとりで晩餐会に行くのはいかがなものか」
などなど、想像できるありとあらゆる非難の文言が並ぶ。

まあ、晩餐会に出ないことは出発する前からわかっていたことで
何をいまさらと思うのだけど、それを知らない人
いや、知っていても許せない人がのほうが多いらしい。
「皇太子妃は何をしても、文句を言われる立場になっている」
そして、yahooニュースのコメント欄の中では
彼女を擁護する人はほとんどいない。

哲学者•池田晶子さんが著書の中で
「秋篠宮家の紀子様は巫女の顔。あの人は怒らせたら怖い人」
と書いてあって、そうなのか!!!衝撃を受けて以来
最近、皇室に興味がある。

「イギリスの皇室ぐらいに、もと自由に開かれた皇室を」ということを
時たま目にするけど、まずそんなこと無理だと思う。
ものすごく幼稚な表現をすると、
「ヨーロッパの王族ははるか昔その国で一番強かった部族の子孫」。
でも日本は違う。

日本でどっぷり育っても、なんかしんどいと思うことがある。
帰国子女で、海外生活も長かった人が「日本を凝縮した皇室という世界」
入ったことは、想像を絶する違和感があったのだと思う。
「そんなことだいたいわかるやん!」という批判は正当だと思う。
でも、、、、、他人にはわからないこともたくさんある。

オランダに行くとなったら、国内の行事には出席出来ないのに何故?と言われ、
オランダに行ったら、10時間のフライトは耐えれるのに晩餐会に出れないのは何故?
と言われる。
オランダだからこそ、海外だからこそ、行けたのではないのか?
日本各地を訪問する労力のほうが、
長時間のフライトで海外に行くよりも楽と考えるのは
表面でしかものを考えていない人だと思う。

10年間というのはものすごく長い時間。
これからどうなっていくのか、、、、、。

飛行機のタラップから降りてくる皇太子妃を見て、
髪の毛が少し短くカットされていたことに大きな進歩を感じたのは
私だけでしょうか?

| 日本 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT