世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

叔父のレコードと今の自分。

引っ越しして節約の日々なのに、
必要なものはたくさんあるのに、
特に今ものすごく必要でないのに買ってしまったものがある。
それは時代に逆行するような「レコード・プレイヤー」。

なぜ今「レコード」なのか。
5年ほど前に祖母の家で叔父が買い集めたレコードが
あることを知り一度聞いてみたいと思ってはいたけれど、
特に行動を起こさないままここまできた。

叔父は私がまだ小さい頃に亡くなり、微かな記憶しかない。
そんな遠い存在の叔父の遺品だけれど、
大切に保管されていたレコードを見ていると
「誰かに聴いてほしいんじゃないか」と思いはじめ、
今回洗濯機を買いにビックカメラい行った時に、
勢いで買ってしまたのがことのはじまり。

叔父のセレクションは邦楽はいっさいなし。
カーペンターズとサイモン&ガーファンクルが各一枚で
それ以外はイージーリスニングやジャズ、フレンチポップスなど。
ビートルズはなぜないんだ?とふと疑問。
あったら聴いてみたかったな〜当時のビートルズのレコードの音。

LP RECORDER
30年近く誰にもさわられていなかったレコード。
音はバッチリです。
(Simon & Garfukel 1970年/ 2,100円)


1960年後半から1970年代のLPで価格は2,500円ほど。
今から30年以上前と考えるとものすごく高い買い物だったのでは?
多分、慎重に選んで、大切に保管して何度も聴こうと思っていたはず。
そんな大切なレコードを捨てられるはずがない。
祖母も捨てる気なんてなかったはず。

当分、レコードとの音と共に仕事をすることになりそうです。

財布の紐をゆるめたわけではないけれど、
昨日営業で再び出かけた京都で本を買ってしまった。
普段は買わない旅のエッセイ本。
手にとってパラパラと読んだだらインドの怒濤の旅のことを
ふと思いだして、旅で学んだことを生かしきれていない自分を
感じ、この本を買うことに意味があると思い購入。

旅でたっくさんのことを学び、知ることができたのに
それを放ったらかしにして無駄にしている自分を戒めたい。

日本にいると大多数の流れに飲み込まれそうで
それに抵抗するのが大変だ。

INDIA BOOK
たくさんのこと学んだ、だから忘れていはいけない。
スポンサーサイト

| 日本 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。