FC2ブログ

世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エルサレム、そして、エルサレム。

エルサレムに5日ぶりに戻ってきた。

ティベリア、ナザレ、ハイファ、アッコー、テルアビブ、ヤッファと
いろんなところに行ったけど、やはり一番印象的だったのはエルサレム。

最後の2日はまだ行けていなかったところを隈無くまわることに。

DSCF1441.jpg
ヤド・ヴァシェム(ホロコースト博物館)

とにかく重い。
どれだけユダヤ人が迫害を受け続けてきたのかを、
写真と映像で説明している。
最初はじっくり読みながら進んだけど、
あっという間に1時間たち、これじゃあと2時間はかかるし、
気分が沈んできて、最後はさっさと見るだけにした。

DSCF1440.jpg
ナチスのユダヤ人迫害は本当にひどい。

DSCF1444.jpg
最後の部屋では、ホロコーストで被害者の記録が
収められている。

エルサレムの街では普通に正統派のユダヤ人を
見るけど、<メア・シェアリーム>という新市街に隣接した
街は彼らが住む場所。
興味本意で行くのも悪いかなと思ったけど、
やはり行ってみることに。

確かに独特な雰囲気がある。
昔の名残を残しているというか、、、、。
でも意外に冷たい目で見られるということは、
なかった。出来るだけこっそり撮影。

DSCF1485.jpg

DSCF1490.jpg

DSCF1491.jpg

DSCF1493.jpg

DSCF1492.jpg
何が書かれているか全くわからないけど、
いたるところに張り紙が、、、。
それを読んでいるユダヤ人が多くて、
掲示板のようなものなのか?

DSCF1489.jpg
メイン通りでは、聖書、聖職者の写真、祭壇とか
売られているなかこんなものが、、、。
いつ使うの?

あんまり興味がなかったけど、
一応市民の台所<マハネー・イェフダー市場>へ

DSCF1499.jpg
よくある市場です。

DSCF1503.jpg
これとオレンジのミックスジュース美味しかったな~。

DSCF1505.jpg
このパンも素朴な味で美味しかったな~。

DSCF1159.jpg
イスラエル博物館 ★★☆☆☆
死海写本が見れる。
でも一番貴重な写本は現物ではなくコピーが展示されていてがっくし。

隣接する美術館はなかなかよかった。
展示物がものすごく多く、どれも興味深いものばかり。
午前11時に入って結局閉館直前の午後4時30分頃までいた。

DSCF1165.jpg
美術棟

最後は、もう一度ヴィアドロローサを歩いて、
聖墳教会へ。
相変わらず多くの巡礼者と観光客。

DSCF1514.jpg
ぼけーとしていると、スコットランド人のおじさんが寄ってきて
写真を撮ってくれるよう頼まれた。
なんでも、この円はイエスが復活して立たれたところで、
後ろの円はマグラダのマリアが立っていたところらしい。
え?それだったらもっとこの場所に人がいるはずでは?
と問うと、ギリシャ教会はあえて教えないらしい、、、。
なるほど、、、、、。

合計8日間いたエルサレム。

子供につばをかけられたとか、
女の子が石を投げてきたとか、
人が冷たいとか、
あんまり良い噂を聞いてこなかったけど、
私自身は色々見るがものがあって、
特に嫌な思いもせず楽しめた。

そして、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地に
赴きそこで見た風景から学んだこと。

祈るとき心の底にある気持ちはみんな同じ。

DSCF1528.jpg
Jerusalem

スポンサーサイト



| イスラエル | 16:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |