世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンダンテな日々

10日過ごしたブダペスト。

この街に来た目的は観光でなく休憩。
ヨーロッパの旅のペースは南米と比べると早くて、

その分しんどくて、バルト三国を周っているときは、
はやくこの街にある日本人宿<アンダンテホステル>に
たどり着きたくて頑張った。

やはり日本人宿は安心で、清潔で、居心地がいい。
10日間でしたことと言えば、
朝9時頃起きて、ネットしたり、
サーカスを見に行ったり
夜景を見に行ったり、
温泉につかりに行ったり、
自炊をしたり、
本をよんだり。

なんやかんやと、あっという間に過ぎていった日々。

明日から、また旅を再開します。

DSCF7085.jpg
4年前に出来たブダペストの街中にある日本人経営のホステル
<アンダンテホステル>。
どこへ行くにも便利なところにある。

DSCF7086.jpg
やったシェア飯!

DSCF7088.jpg
私が滞在している間に2回シェア飯に参加させてもらった。
こんな大勢でシェア飯するのはブエノスアイレスの<上野山荘>以来。

DSCF7087.jpg
今日のメニューはカレー。
美味しかった!

ブダペストはエンターテイメントが充実している街。
でも、オペラやバレエは9月頃からの上演で見ることが出来ず、
評判のよいサーカスを宿で出会ったカナコさんと見に行くことに。
お値段は2,800HUF(約1,400円)
幻想的な雰囲気のセットが組まれていて、コスチュームもきれい。
なかなかよかった。
DSCF7071.jpg

DSCF7072.jpg

街の風景
ブダペストの街はヨーロッパのレトロな雰囲気が残っている。

DSCF7097.jpg
ポスト、形がおもしろい。

DSCF7098.jpg
レトロな雰囲気があるトラム
北欧、バルト三国の街にもトラムが走っていて、
国によってトラムの新品度が違う。

DSCF7095.jpg
駅の切符売り場。北欧みたいにモダンでもなく、
バルト三国みたいに地味でなく、雰囲気がある。

DSCF7092.jpg
なぜか、地面にカエルのイラストが。
どうして?

DSCF7119.jpg
お土産屋のディスプレイを見入る兄弟。
ほほえましい風景。

DSCF7096.jpg
レストランではありません、マクドナルドの店内。
昔はライトがシャンデリアだったとか。

DSCF7114.jpg
丘に登って見えた風景。

DSCF7115.jpg

in Budapest

| ハンガリー | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT