世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出国スタンプがない!国境どたばた劇

いやな予感はだいたい当たる。
1人で国境越えをするしかないとわかったときから、なにかいやな予感はしていた。
コロンビア→エクアドル間はドイツ人とイギリス人カップルと一緒だったし、昼間だったからまあ1人でもこなせた気がする。今回は、調べに調べて一人でも大丈夫であろう国際バスで移動することに決めた。
なぜ、国境越えにこんなに神経質になっているのか。噂に聞くと、国境近くの町はだいたい治安が悪く、法外なタクシーを請求されたり、強盗が出ることもあるとか。出来るだけ安全なルートを行くために、色々旅友に聞くと、最近エクアドル→ペルー間で国際バスが通ったらしく、それに乗れば、バス会社のスタッフがいろいろ世話をしてくれて、私たちは指示に従うだけで、いたってスムーズに国境越えができるらしい。もうひとつの手段として、比較的安全なルートで国境まで行くということも出来たけれど、それだと乗り継ぎが悪く夜の11時にバスターミナルにいないといけない。いろいろ考えたすえ、負担が少なそうな国際バスを利用することにした。
それが、とんでもないはちゃめちゃ劇になるとは、つゆしらず。
いや、なんとなくいや~な予感はしていたのだけど。

こんないきさつ。
夜の8時にクエンカのバスターミナルに向かう。バックパッカーはいるかな?私だけだったらどうしようという不安は、1人の男の人がバスのオフィスに立っていたのを見て消え去った。フランス人のバックパッカーで、同じバスに乗ることも確認。
よかった、これでなにかあっても大丈夫と、心を撫で下ろし席に着く。
結果的に、彼以外にアメリカ人の女の子2人と、スペイン人?ポルトガル人?のカップルの計6名の外国人がバスに乗ることになった。

そして、この6人に災難が降りかかる。
クエンカを出発して2時間半ほどで、道路工事のため1時間半ほど立ち往生。
やっと工事が一段落しHuaquillasという国境の町に向けて出発。Huaquillasではすでに、ペルー行きの乗り継ぎのバスが乗客を乗せて待っていた。時間はすでに真夜中の4時ごろ。私達6人だけが、荷物を持ってそのバスに乗り込み、すぐにバスはペルーのイミグレーションがあるTumbesという街に向かって出発。なんでも、このTumbesという町が危ないらしく、窓から見たかぎり確かに雰囲気が良いとはいえない。

イミグレーションでスタンプをもらうために並んでいると、スペイン人?のカップルとバスのスタッフがもめている。はじめ、お金を請求されたりしているのかな?と他人事のように見たいたら、私のほうを向いて彼女もそうよ!みたいなことを言っている。なんだ、どうしたんだ(冷や汗)~と、どきどきしながら事情を聞いてみると、なんと!!!クエンカから来た私達6人だけがエクアドル出国のスタンプを貰っていない。そういえば、言われるがままバスを乗り降りして、荷物がなくならないように、とそちらに気がいったし、時間も深夜、頭もぼーとしていて、気がつかなかった。というより、今いるのがどちらの国のイミグレーションかもわかっていなかった状態。

出国したしもうスタンプはいいじゃない、というわけにはいかず、どうやら私達はエクアドルのイミグレーションまで戻らないといけないらしい。この区間が一番ややこしいから国際バスを選んだのに(涙)。私、アメリカ人、フランス人の3人は諦め顔で、法外なタクシー代を払って、私達を置いて行ってしまうバスの変わりに、朝の8時くるバスを待たないといけないんだと覚悟を決めかねていたけれど、
スペイン人のおじさんは、引き下がらない。スペイン語で話していたので、内容はわからないけど、この失態はバス会社のスタッフの責任で、私達に非はない。
しかし、女性スタッフも引き下がらず、絶対に自分の非を認める気はないらしい。
100%彼女の管理ミスだけと思うけど。
バスのドライバーはここは危険だから、君たちがエクアドルの国境までもどって、
またこちらに戻ってくるまで待つことはできない。
まあ、それもわかる。すでに乗り込んでいた人達も待つのはいやだろうし。
ここでも、引き下がらないのがおじさん。バスの中に入っていて他の乗客に、「私達が戻って来るまで待っていてほしい。」と願い立てしに行った!すごい。
アメリカ人の女の子は「誰も待ってくれないわよ。私だったらいやだもん。」
「私もそう思う、、、、」と言いかけたとき、おじさんがバスから出てきて、「皆の了解が得られたから、早く戻ってスタンプを貰ってこよう!」とさけんだ。

それはなんてラッキー、
私達6人とバス会社のスタッフ2人の合計8人が、タクシー2台に分かれて飛び乗った。まずは、猛スピードで10分ほどのところにある、エクアドルの国境まで。そこで、エクアドルのタクシーに乗り換え、イミグレーションのあるところまで向かう。この時、もちろんタクシーのドライバーは法外な値段を言ってくるけど、バス会社のスタッフが事情を説明して、妥当な値段で交渉完了。
イミグレーションに到着すると、ダッシュで係員のところまで。出国のスタンプをゲットしたら、またタクシーに飛び乗り、来た道を猛スピードでタクシーは走る。
ペルーの国境で再び、ペルー側のタクシーに乗り換え、イミグレーションまで。
列が出来ていたけど、係員に事情を話し6人を優先的に前にいかせてもらい、
やっとペルー入国のスタンプをゲット。すぐに、待っていてくれたバスに乗り込み、このどたばた劇は終了となった。
私達のバスが3時間ほど遅れて到着し、このどたばたがあって+1時間。
他の人たちは本当に辛抱強く待ってくれていたと思う。

それにしても、こんなこと普通あるの?まあ、そんなこと問いても後の祭りだけれど。策に策をねって決めたこの国境越え。とんでもないほうに転んでしまった。
けれど、なかなか出来ない体験。私1人だけでなくてよかったと強く思う。
もし、ひとりだったら、ひとり取り残されて、、、考えるのもいやなことになっていたと思う。

いやはや、忘れることの出来ない経験となりました。
そんなこんなで、ペルーの旅が始まりです。

DSCF1744.jpg
バス会社のオフィス。朝チケットを買いに行ったときは、これで大丈夫!思っていたのに。

DSCF1757.jpg
途中降ろされて、持ち物チェック。

DSCF1758.jpg
深夜3時ごろ。エクアドルのイミグレーション。
皆、出国のスタンプを貰うのに必死。
もっと写真を撮っておきたかったけど、ふらふらで無理だった。
スポンサーサイト

| エクアドル | 09:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イカットの村

今まで、1人で旅することに必死で、あまり現地の民芸を見る余裕がなかった。
クエンカも2泊ほどしてすぐにペルーに移動するつもりだったけれど、この周辺の村はイカット織りで有名ときき、織物好きとしては見ておきたく、今日ローカルバスを乗りついで行ってきた。
実は本気で、織物を勉強しようと思ったことも。

まず、クエンカから約40分のところにある町ブラカイに行く。小さな村の中で、村人がカタンコトンと織っているのかと思っていたけど、そんな風景はなく、どうやら織っているのを見るためには村の中に入っていかないとだめらしい。でも、織っているのを見れる保障もないので、ツアーリストオフィスで教えてもらったイカット織りの工程を見せてくれるtaller artesanalに行くことにして、ぶらぶら歩く。
ブラカイから歩いて15分ほどのところにあるtaller artesanal、家族経営の小さな工房みたいな感じで、おじさんがイカットが出来るまで工程を簡単に見せてくれた。

その後はもちろん、ショッピング!土産物屋で買うより、やっぱり作っているところで、作った人から買うのが好き。どの模様が、色がいいかな~。おじさんに、じっくり見たいし、決めるのに時間がかかるから決まったら、呼びに行くと言っても通じず。おじさんが、いる前でじーと品定め。迷いに迷って、これからの旅にショールとして使えそうなシンプルなイカットをチョイス。これにて今日は終了。
クエンカですることはした感じなので、明日ペルーに移動します。

DSCF1706.jpg
サンペドロという村にある、イカット織りの小さな工房taller artesanal

DSCF1709.jpg
植物の幹をつかっって、色が付かない部分を作っていく。
DSCF1712.jpg
日本の絞りと同じしくみ。

DSCF1720.jpg
DSCF1735.jpg
DSCF1736.jpg
DSCF1728.jpg
DSCF1713.jpg
いろんな工程を経て出来上がる。

DSCF1716.jpg
工房の中にあるショップ。
ここで1時間ほど、イカットを凝視。おじさんは、少し迷惑顔でしたが。

DSCF1715.jpg
全部欲しい!

DSCF1741.jpg
日本でも使えそうな模様をチョイス。25ドル
いつもなら値切るところだったけど、職人さんに対して失礼かと思って言い値で購入。

| エクアドル | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消えてしまうかもしれない風景

エクアドル最後の都市クエンカにやってきた。ここは、南米で一番美しいコロニアルな町と評判。欧米人(ヨーロッパ人は含まず)はもしかしたら、「コロニアル」な雰囲気が好きなのかもしれない。正直なところ、私はあまり感動しないというか、コロニアルな町で有名なコロンビアのカルタヘナから旅を初めて、何度かコロニアルな町を通りすぎてきたけれど、すでに満足?これは、もしかしたら私が日本人だから?アメリカ人とか、オーストラリア人はこの風景を見て、私には浮かばない風景(スペイン人が征服しはじめた当時の風景など)を思い浮かべたりするのかもしれない。
町は確かに石畳で、昔の情緒を残している。印象に残ったのはインディアナのおばさんたち。年配の人も、かわいらしいスカートをはいて、パナマ帽子をかぶり
超おしゃれ。しかし、若いインディアナの女の子でこの格好をしているのを全くみかけない。多分、何十年ヵ後にはこの風景も見れなくるかもしれない。

■インディアナの女性達
正面から撮りたかったけど、写真を撮らせて欲しいとは言えなかった。
この風景、いつまで見ることができるだろう。かわいい民族衣装を着ているのは
多分年配の女性達だけ。
DSCF1687.jpg

DSCF1705.jpg

DSCF1683.jpg

DSCF1684.jpg

DSCF1686.jpg

DSCF1693.jpg
おばさん達の必需品、パナマ帽子のお店。
今みても、すごくかっこいい。どうして、このスタイルの帽子が定着したのだろう?
インディアナの人は頭が小さく、かなり小さいサイズらしい。

DSCF1685.jpg
教会前の花屋さん

DSCF1696.jpg
エクアドルの代表的なスープと紹介されていたものの、
どのレストランのメニューにもなかったアボカドとチーズ入りのスープ。
ついに、クエンカの人気レストランで見つけた!味はいたって普通。

DSCF1697.jpg
■El Cafecito ドミトリー7ドル(約600円)
いまいちだったので、色々他の宿を見て回った。
部屋は良いけれど泊り客がほとんどおらず閑散としていて、
人の多そうなこのホステルで過ごすことに。

| エクアドル | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガイドブックはあてにならない。

ガラパゴスから、エクアドル第2の都市グアヤキルの到着して早々いやな思いをした
。色々調べて決めたホステルが大はずれ。なんとなく雰囲気が悪くて、ただホームページの
写真がよかっただけ。なにより一番の問題が、レセプションにいるモニカというおばさん。
予約メイルでやり取りをしていたときは、愛想がいい感じでてっきり20代くらいの若い女の子だと
思っていた。会ってみると、すぐにヒステリックになる自己中心なおばさんだった。
(ブログで、特定の人のことを書きたくないけど。)

部屋に、アリが集まっていたからどうにかしてほしいというと、
「ここでは当たり前のこと、日本ではアリはいないの?アリはかまないから平気よ。」
アリがいることを気にしている私に非があるような言い方。
いや、普通部屋にアリがうじゃうじゃいたらどうにかするのが当たり前でしょう!
まあ、アリはなんとかしてくれたけど、その後の対応。正直無茶頭にきた。
※翌日、ゴキブリがドアの前で息絶えていた。

部屋代は10ドルで、朝食付きは安すぎるから、別途払わないといけないのかなと思って聞きにいくと、
「朝食付きよ。さっき、あなたがチェックインする時に、言ったでしょ。
(ちゃんと聞いておいてよ、まったく。といった感じ。」

う~、そんな言い方しなくても。

ここは気を取り直してご飯でもと思って外に出るとなんか物々しい。
全ての家にはドアの前にもう一枚頑丈な柵が。※これは危険なエリアで見かける光景。
雰囲気も、悪い。本当は2日泊まろうと思っていたけど、モニカおばさんと治安の悪い感じから無理、
候補に上げていた中心街のよさげなホテルへ移動知ることに決めた。
夜、おばさんと代わったおじさんに、
「2日分すでに払ったんだけど、1日分払い戻すことはできる?」と聞くと、すなり一日分10ドルを渡してくれた。本当は、明日の朝でもと思っていたけど、ここの時に済ませて
おいて大正解という結末になる。
そして、次の朝、再びモニカおばさん。
他の宿に移るからタクシーを呼んで欲しいと頼むと、なによりも先に出た言葉が
「それでも、あなたは今日の分を払わないとけないわよ。見てこの表。
(壁にはっている紙を指して。)24時間以内にキャンセルしないと1日分払うことになってるわ。」

タクシーを呼んでくれるようと頼んだだけで、1泊分のお金を返金して欲しいなんて
一言も言っていないのにこの始末。
「でも、昨日の夜ここにいたおじさんとしゃべったら、払い戻せると言ってたけど。」
モニカおばさん
「そんなこと知らないわよ。このホステルは4人で経営している。規則に従うのが
私の仕事よ!」

「・・・・」心の中で。‘そんなに憤らなくても、言い方ってものがあるのに。’
とにかく、偉そうに、私のことを責める感じ。
そりゃ、予約いっぱいで急にキャンセルしたら、こんな対応をされてもいいけど、昨夜のドミトリーは
5人部屋で私を含め2人だけ。他の部屋も空いているみたいだった。

おばさんが、どう言おうと、昨夜おじさんから10ドルを返してもらっている私。
どうやらおばさんには、そのことは伝わっていないらしい。ここは、だまってこの宿を去るのみ。
手配してもらったタクシーを待つ間、おばさんのことを観察していると、
ほとほとあきれる。自分の息子が買うものがあるからお金が欲しいと事務所まで来ると、
「ママにも何か買ってきてくれる?」※推測と、これがまさしく<猫なで声>という感じで笑顔で話す。
しかも、息子に渡したお金は、私がおじさんから10ドルを
受け取った時に出してきた箱から!それは、事務所のものでしょ???
なぜそこからお金を?突っ込んだ、心の中で。

そうこうするうちに、タクシーが来たけれそ、おばさんは無言でドアを開けるのみ。
私は、おばさんの方を振り返ることもなくタクシーに乗り込んだ。
文章にするとどうってことないけど、ひさびさにいやな思いをしたし、
こんな人がいるんだ~と考えるものがあった。
移動した宿の女性オーナーはすごく親切。
「このホテルを、自分の家のように思って過ごしてね。
キッチンも自由に使ってね。」
と、モニカおばさんとは全く正反対。
ここは、1泊25ドルで今まで泊まった中で最高値。でも、やはりそれだけの
価値はあるもので、気持ちよくすごせた。

それにしても、モニカおばさん、日本では、なかなかいない。
あんな、横柄な態度をとる人。そういう人に会えるのも旅ならではだけれども。

追記
ガイドブックにも紹介されているこの宿。
フレンドリーなカナダ人とエクアドル人が経営している宿と紹介。
ガイドブックはあてにならない。


| エクアドル | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外出禁止令 El CENSOの日

今日はエクアドル全土で、外出禁止令。それも10年に一度の!
国民はもとより、外国人(ツアーリストも!)も朝の7時から夕方の5時まで
外出してはいけない。なぜか、お酒も飲んではいけない。
昨日、ビールを買いに出かけたら売ってもらえなかった。
そして、交通機関もストップ(タクシーも)、空港では国際線しか飛ばす、
警察官も待機で、もし、急に病院に行きたくなったら、病院ではなく政府の機関に
まず電話しないといけない、という大変な日。

なぜか?
CENSOという国民調査が国中で一斉に行われるのです。
日本でいう国勢調査。調査書には、70問ぐらいの質問があるらしく
詳細なデーターを集める目的があるらしい。
今日一日で、生徒が各家を訪問し、すでに配布されている調査票を回収する時に、
そこに住む家族全員がいないといけないから。
生徒にこんなことをさせていいのかしら?
なんか要領が悪い気がするけれど、これがエクアドル流らしい。

ツーリストからすると、なんとも迷惑なイベント。
本当は、なにも出来ない一日になるので、ガラパゴス島まで行ってしまおうとも
思ったけれど、10年に一度のこの日を体験するものおもしろいと考え直し、
キトの残ることにしたのでした。※ガラパゴスは何故か例外らしい。
法令に従って、泊まっているホステルでもみんなが待機。
今日も、曇り空で外出するより、室内でゆっくりのほうがよかったけれど、
5時になると思わず外へ。人がほとんどいない道を散歩して、今日一日が終わりました。

明日から、つにガラパゴス島へ。
色々調べたけれど、あまり計画が立てれなく、行ってからどうするか考えます。

DSCF1329.jpg
今日の新聞 
多分、「エクアドルの人口は?」の見出し。

DSCF1308.jpg
前日のスーパー 
なんか大晦日みたいな感じで、少しわくわく。私もトマトパスタの材料を買い込みました。

DSCF1311.jpg
なぜか私も書かされた調査書。ホステルのおばさんが、質問を読みあげるのだけど
さっぱりわからず、既婚か未婚かの質問だけはなぜかわかったのでした。

DSCF1310.jpg
調査用紙ー合計70問ぐらいあるらしい。
・家に住んでるか。
・12歳以上の女子に、子供はいるか?の質問。12歳って?

DSCF1314.jpg
中学生?高校生? 黄色のユニフォームを着て、各家を訪問。
近所では、なぜか外に出て質問中。

DSCF1320.jpg
今日も、夕方から雨

DSCF1326.jpg
夕方5時には雨もあがり、ふらっと散歩。
朝の5時のような光景。





| エクアドル | 08:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。