世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

荷物検査で2時間拘束

イスラエルを出国するとき、荷物検査がすごく厳しくて
やっかいだということは耳にしていた。

歩き方に、パスポートにイスラムの国のスタンプが押されていたため、
怪しまれて荷物検査にひっかかり、結局荷物チェックが終わらず、
本人は搭乗できたけど、荷物は後から送られることになったという
記事があった。
でも私はイスラエルとは良好な関係を保っているヨルダンしか行ってないし、
まあ余裕を見て3時間前に空港に行けばいいか~と思っていたら、、、。

ばっちりひっかかりました。
午後6時40分にはじまった荷物検査、
終了したのは午後8時40分頃。
約2時間の取り調べ、しんどかった~。

ことのはじまりは私のパスポートにどこに国のものとも
わからないスタンプが押してあったから。
私も最近パスポートを見たときに、
「あれ?これっていつ押されたのかな?」と気づいてはいた。

DSCF1547.jpg
何処の国のスタンプ?
最近だから西アフリカのどこかの国のスタンプのはずだけど、
妙にイスラムっぽい感じ。

空港に到着するとチェツクインカウンターに行く前にまず、
荷物チェックを受けなければならない。
ツアー客は個人的に質問されることはないけど、
私のような個人でいる人はまずパスポートを隅から隅までチェックされ、
「イスラエルに何日いたの?」
「イスラエルには知り合いはいるのか?」
「イスラエルではどこに行ったのか?」

などの質問をうける。
普通はここですんなり解放されるはずなのだけど、
謎のスタンプのおかげで、係員のお姉さん、先輩の係員に
私のパスポートを見せに行ってしまった。
ほどなく、先輩がやってきて、また同じ質問をしてくる。
「イスラエルに何日いたの?」
「イスラエルには知り合いはいるのか?」
「イスラエルではどこに行ったのか?」


お兄さん、忙しいらしく私に質問しながら、
他の係員に指示をだしたり、携帯電話で話したり。
まあ、これで解放されるだろうと思っていたら、
次はまた違うお姉さんがやってきて、
「荷物を持ってこっちにきて。」という。

連れていかれたところは、抜き打ちで荷物チェックをするところ。
ツアー客も数人待たされている。
ひとりひとり、荷物を開けさせられている。
15分ほど順番を待って、次は私の番だと思って前に行こうとすると、
係員が「貴方はまだ。そこの椅子に座って待っておいて。」
え???それって、私は特別扱いってこと???

無茶苦茶、怪しまられてるやん、私。

空港に着いてから既に1時間が過ぎようとしていた。

だんだん、イライラしてくる。
15分ほど待たされてやっと、係員に呼ばれ荷物を台の上に乗せる。
そして、なぜか係員2人で私の荷物を検査をはじめた。
他の人の場合はカバンを開けてさらっと一通り見る感じだけど、
私の場合はきっちりと隈無く見ていってるし、カバンの中の
ホコリ屑までガーゼにとって、それを特殊な機械にあてて検査してる!
エルサレムで買った食器をアフリカの布で何重にもくるんでたのを、
全部広げなくてはいけなくて、トホホ。
いつのまにか研修中の若い係員も加わって、4人体制。

さすがに係員のお兄さん最後は疲れたのか、コロコロの後ろの
ポケットはチェックせず、元の位置に戻っていった。
これこれ、つめがあまいで~。

40分ほどで荷物検査終了。
これで、チェックイン出来ると思ったら、
研修中の係員と彼女の先輩が「服装検査をするからこちらに来て。」
言ってきた。
うっ、、、、、、、従うしかない、、。

別室に連れていかれ服装検査。
それも、ちょっと体をさわるなんてものでなく、
研修係員がビニールの手袋をはめて、エステのマッサージの時
体にオイルをぬるような感じでべったりさわってくる。
体に何も巻き付けていないかを確かめてるんやろうけど、
そこまでしなくても、、、、。
そして、服にカーゼをあててまたホコリ検査。

服装検査が終わって解放か?思いきや、
靴検査が終わってないらしく、待ての指示。
10分、15分、、、、20分ぐらいして
主任係員のような男の人が現れて、
「君は靴をいくつ持ってる?」
「この靴はどこで買った?」
「この靴をどれくらい履いてる?」

と質問してくる。
落ち着いて答えると、
「ふ~ん、結構履き込んでるよね。かかとがすり減っている。」
みたいなことを言ってきた気がする。(よく覚えていない。)
何?私の靴が怪しいの?
そりゃ、毎日履いてたから踵もすり切れますよ~。

そして、最初に聞かれた
イスラエルに何日いたの?」
「イスラエルには知り合いはいるのか?」

の質問をされて答えているときに、電話がはいり彼はどこかに
いってしまった。

待つこと15分。
またやってきて、また
「イスラエルに何日いたの?」
「イスラエルには知り合いはいるのか?」
「イスラエルではどこに行ったのか?」

の質問。
もう何度同じ返事をしたことか。

そして、またどこかへ消えた。
まつこと10分。
やっと、やっと、ついに私が怪しいものでないという判断が
くだったらしく、荷物検査終了。
40分ぶりに戻ってきた私の靴は紐がほどかれたいた。
いったい何が怪しかったのか本当に不思議。

研修係員と先輩はひとこと、
「不快な思いをさせてごめんなさい。」

3時間20分ほど前にきたからよかったものの、
2時間前にきてたら飛行機に乗れてなかったかも。
なにより安全を優先するというイスラエルの方針は
理解できるけど、もっと怪しい人いるでしょ?

ということで、最後の最後の最後まで大変な目にあったけれど、
無事チェックインも間に合ってよかった。

DSCF1537.jpg
あとは乗るだけ、そしてKorean Airだからビビンバ丼が食べれる!
ふ~、旅の終わりの感慨にふけるひまもなかった。


| イスラエル | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エルサレム、そして、エルサレム。

エルサレムに5日ぶりに戻ってきた。

ティベリア、ナザレ、ハイファ、アッコー、テルアビブ、ヤッファと
いろんなところに行ったけど、やはり一番印象的だったのはエルサレム。

最後の2日はまだ行けていなかったところを隈無くまわることに。

DSCF1441.jpg
ヤド・ヴァシェム(ホロコースト博物館)

とにかく重い。
どれだけユダヤ人が迫害を受け続けてきたのかを、
写真と映像で説明している。
最初はじっくり読みながら進んだけど、
あっという間に1時間たち、これじゃあと2時間はかかるし、
気分が沈んできて、最後はさっさと見るだけにした。

DSCF1440.jpg
ナチスのユダヤ人迫害は本当にひどい。

DSCF1444.jpg
最後の部屋では、ホロコーストで被害者の記録が
収められている。

エルサレムの街では普通に正統派のユダヤ人を
見るけど、<メア・シェアリーム>という新市街に隣接した
街は彼らが住む場所。
興味本意で行くのも悪いかなと思ったけど、
やはり行ってみることに。

確かに独特な雰囲気がある。
昔の名残を残しているというか、、、、。
でも意外に冷たい目で見られるということは、
なかった。出来るだけこっそり撮影。

DSCF1485.jpg

DSCF1490.jpg

DSCF1491.jpg

DSCF1493.jpg

DSCF1492.jpg
何が書かれているか全くわからないけど、
いたるところに張り紙が、、、。
それを読んでいるユダヤ人が多くて、
掲示板のようなものなのか?

DSCF1489.jpg
メイン通りでは、聖書、聖職者の写真、祭壇とか
売られているなかこんなものが、、、。
いつ使うの?

あんまり興味がなかったけど、
一応市民の台所<マハネー・イェフダー市場>へ

DSCF1499.jpg
よくある市場です。

DSCF1503.jpg
これとオレンジのミックスジュース美味しかったな~。

DSCF1505.jpg
このパンも素朴な味で美味しかったな~。

DSCF1159.jpg
イスラエル博物館 ★★☆☆☆
死海写本が見れる。
でも一番貴重な写本は現物ではなくコピーが展示されていてがっくし。

隣接する美術館はなかなかよかった。
展示物がものすごく多く、どれも興味深いものばかり。
午前11時に入って結局閉館直前の午後4時30分頃までいた。

DSCF1165.jpg
美術棟

最後は、もう一度ヴィアドロローサを歩いて、
聖墳教会へ。
相変わらず多くの巡礼者と観光客。

DSCF1514.jpg
ぼけーとしていると、スコットランド人のおじさんが寄ってきて
写真を撮ってくれるよう頼まれた。
なんでも、この円はイエスが復活して立たれたところで、
後ろの円はマグラダのマリアが立っていたところらしい。
え?それだったらもっとこの場所に人がいるはずでは?
と問うと、ギリシャ教会はあえて教えないらしい、、、。
なるほど、、、、、。

合計8日間いたエルサレム。

子供につばをかけられたとか、
女の子が石を投げてきたとか、
人が冷たいとか、
あんまり良い噂を聞いてこなかったけど、
私自身は色々見るがものがあって、
特に嫌な思いもせず楽しめた。

そして、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地に
赴きそこで見た風景から学んだこと。

祈るとき心の底にある気持ちはみんな同じ。

DSCF1528.jpg
Jerusalem

| イスラエル | 16:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デザインの街、でもゴミの街。

テルアビブブの現代建築群は世界遺産。
言ってみれば街そのものが遺産と言えるのだけど、
道路にはゴミが散らばっていて、ゴミ箱からはゴミが
溢れ出しいてゴミの街?と思ってしまうくらいゴミだらけ。
人が集まる繁華街だからこんなにゴミが多いのかと思っていたら、
住宅街を歩いてもゴミがあちらこちらに。
どうしてこうなるの?と首をかしげるばかり。

下を見ればゴミがあるけど、上を見ればモダンで個性的な
建物が多く街歩きはなかなか楽しい。
ナチスの迫害から逃れてきた建築家が家を立て、
そこにユダヤ人が住みテルアビブの街はどんどん大きくなり、
今にいたるらしい。


DSCF1376.jpg
はじめはユダヤ人の休息日の金曜日だから
ゴミが散乱しているのかと思っていたけど、、、。

どうやらそうでもないらしいと気づく。
DSCF1408.jpg
どうしてこうなるの?

DSCF1432.jpg
日本でいう表参道の裏通りのような通りでもゴミ!

DSCF1394.jpg
テルアビブ美術館

DSCF1387.jpg
街にゴミが散乱してるけど、美術館はピシッと緊張感のある空間でした。

DSCF1373.jpg
建物全てが個性的

DSCF1417.jpg

DSCF1379.jpg
標識

DSCF1371.jpg
木、金曜日にNahalat Benyain Stで開かれるアート&クラフトバザール。
4時30分頃行ったらすでに半分は店じまい。
思ったより小規模だけど、質は高そうな気がした。
夏場はもっと盛り上がるのかも。

DSCF1423.jpg
Nahalat Benyain ストリートには生地屋さんがたくさん。
でもアフリカ布以上に魅力的なものはなく、
ちょこっと見る程度にしておいた。

DSCF1421.jpg

DSCF1412.jpg
Tel Aviv

テルアビブの宿
Hayarukon
★★☆☆☆
・ドミトリー 90NIS(約1,900円)
・海沿いにあって、どこへ行くにも便利な場所にある。
 でもあんまり居心地はよくなかった。
・WIFI無料
・パンとコーヒー、紅茶だけの朝食
・キッチン有り
DSCF1380.jpg

| イスラエル | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は巡礼者?次はナザレへ。

私は巡礼者か?と思うぐらい
いそいそとガイドブックを手に歩きまわる日々。

ティベリアの次はイエスが両親と約30年間くらした町ナザレへ。
この町一番の名所はマリアが受胎告知を受けた伝えられる洞窟がある
受胎告知教会。
ここも他の教会同様、巡礼者、観光客でにぎわっている。

おもしろかったのは教会に飾られている各国から贈られたマリアとイエス像。
タイのものはマリアとイエスがタイ人に、
中国のものは中国人に、
日本のものは日本人に、
これは特に問題にはならないんだ~と感心しながら観賞。

教会06
受胎告知教会

DSCF1279.jpg
祭壇の上の洞窟が受胎告知の場所らしい。

DSCF1285.jpg
日本から

kabe.jpg
タイ(左) 中国(右)

この教会以外は特に見所がないけれど、
宿に戻ってもすることがないので町をブラブラ。
夕方近く、授業を終えた学生達がたくさんいたけど、
避けるように歩いた。ちょっと苦手、、、。

教会07
聖ガブリエル教会

DSCF1319.jpg
町の中心は観光客や地元の人で賑わているけれど、
一歩道をはずれるとし~んとしてる。

DSCF1322.jpg
メンザ・クリスティ
復活したイエスと弟子が食事をしたと伝えられるテーブルが
ある教会。普段は閉まっていて、近所の人に頼んで開けてもらう
そうだけど、面倒くて外を見るだけで立ち去る。

DSCF1275.jpg
英語表記がないので道に迷う!

DSCF1303.jpg
町はアラブっぽい。

DSCF1304.jpg
受胎告知教会の近くにあったムスリムが掲げている幕。
多分、イエスよりアッラーのほうが偉大だということを
書いてると思う。

見るべきものはは見たのでティベリアの町に戻り、
新約聖書にも登場するという
セントピーターズフィッシュを買って自炊した。
ホステルのおじさんが「換気扇がないから油であげるのはダメ。」というので
仕方なく蒸すことに。

DSCF1340.jpg
レストランで食べると70NIS(約1,500円!)、
魚屋で買えば10NIS(約220円)。
自炊しかないでしょう。

DSCF1342.jpg
普通に美味しかった。


ディベリアからナザレの行き方
ティベリアのバスターミナルから431番で50分ほど。
ナザレが終点ではないので注意。
歩き方には「バス停はハモッシュビールという大きな建物の前にあり~。」
とあるけれど、そんなに大きい建物でもないしわかりにくいので
ドライバーにナザレで降ろしてくれるよう頼んでおいたほうがよい。

ティベリアから到着した場合、バスを降りて左に20mほど進み
右を向けば広場がある。そこを100mほど行けば受胎告知教会に着く。

DSCF1336.jpg

| イスラエル | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティベリアで怪奇現象?

エルサレムに6日ほど滞在。
普通ならイスラエル観光に十分な日数。
でも私のイスラエル滞在はまだ続く。
エルサレムの快適宿に荷物を置いて、
イエス宣教の地<ガリラヤ湖周辺>、
イスラエル第3の都市<ハイファ>、
第2の都市<テルアビブ>を5日かけて廻ることにした。

まずは、エルサレムから3時間バスに乗って<ティベリア>へ。
ここはキリストが伝道活動を始めた場所として知られている。

ここにも有名な教会が3件ほどあり、そこを廻ってきたのだけど、
最後に行った山の教会で不思議なことが起こった。

パンの奇蹟の教会から山上の垂訓教会へ行く途中で
ポーランド人のおばさんに出会った。
彼女も山上の垂訓教会へ行くらしい。
閉館時間が近づいてきていたので私は早足で教会へ行き、
写真を撮ったりしているとおばさんもやってきた。

彼女はシスターと面識があるのか色々話していて、
私は一足先にバス乗り場に行くことにした。
出口までいそいそと歩いていくと、教会のスタッフらしき男性に
教会の側に植わっている木の枝を切ってくれるよう頼んでいる女性が。

なんとその人は、、、あのポーランド人のおばさん!
私のほうが絶対に早く教会を出たはずで、
誰にも抜かされた覚えがない。
教会から出口までは1本道のはず。
おばさんが私が出た直後に最短距離で出口まで来たとしても
猛ダッシュで走ってこなければ、私が到着する前にここにいるのは
不可能に近い、、はず。
※私の来た道が遠回りだったのか?それなら何も不思議ではないのだけど。

あ~、頭がこんがらがる。

呆然として立っていると、門が勝手に閉まりだした。
え?この門て自動で閉まるようになっているの?
※おじさんに確認したらよかった、、、。

とにかく、今、目の前で起こっていることが不思議でしかたがない。

おばさんは私と違う方向で帰るというので、
ひとりバス停に向かう。
天気がどんどん悪くなってくるのにバスは来ず。
20分待てどバスは来ず。
とうとう雨が降くると思った時に、車がやってきた。
乗っていたのは門番のおじさん。
誰かが私がバスをずーと待っているとおじさんに伝えたらしく、
ティべりアまで乗せて行ってくれるらしい。

車に乗り込んだら、ちょうど雨が降ってきた。

とにかく、、、不思議な体験をした日だったのでした。
多分、私が遠回りしたのです、、、多分。

ギリシア教会
ギリシア正教会

DSCF1172.jpg
曼荼羅のような絵が描かれていた。

DSCF1182.jpg
カペナウムはイエスが宣教した地で、
このシナゴーグの下にイエスが説教したシナゴーグが
埋まっているらしい。

DSCF1178.jpg
教会があるカペナウム周辺はとてものどか。

ペテロ教会
ペテロ首位権の教会
イエスが漁師ペテロと出会った場所らしい。

パンの教会
メンザ・クリスティ(ギリシア語でキリストの食卓)
祭壇は復活後のイエスが弟子に
食事を与えたとされる場所とのこと。

その際に使われたらしいテーブル

DSCF1203.jpg

ペテロ首位権の教会でしすぎたので、急いで山上の垂訓教会に向かう。
行き方がわからなくてギフトショップの店員にきくと、地図をくれた。
地図には描かれていない近道を教えてもらったけれど、
その道から行くと山上の垂訓教会の裏に出る。
そこから入り口までの行き方がわからず右往左往。
この地図もらった人、注意です。

DSCF1273.jpg
イマイチよくわからない地図

山上教会
山上の垂訓教会
「狭き門より入れ」「求めよ、されば与えられん」などの
有名な説教がなされた場所。そして、12使徒を選んだところでも
あるらしい。

DSCF1243.jpg
パンの奇蹟の教会か山上の垂訓教会への道。
ここでおばさんに出会った。

DSCF1255.jpg
おばさんがいつの間にかいた出入り口。

DSCF1261.jpg
寒くて、雨が降りそうな悪天候の中バスを待つ。

DSCF1258.jpg
ガリラヤ湖周辺は人影も少なく、
ひっそりと静まり返っている場所。
ここからキリスト教が始まって、全世界に広がっていったということは
本当にすごいことだと実感した。


ティベリアの町からガリラヤ湖への行き方
ティベリアの町から一番離れているのがカペナウム
52番のバスがカペナウムまで行く。
そこからパンの奇蹟の教会、ペテロ首位権の教会、
山上の垂訓教会へは歩いて行ける。
※52番のバスは2社あるので注意。車体が黄色のバスに乗ること。
※乗り場は、スコティッシュホテルの向かい側のバス停から。

DSCF1260.jpg
標識があるので、それを見て行けば大丈夫。

ティベリアの宿
Tiberias Hostel
★★☆☆☆
・ドミトリー75NIS(約1,600円)
・ビジネスホテルを改造したようなホステル
・バスターミナルから徒歩5分ほどで、町の中心にあり便利
・パンとコーヒーだけのシンプルな朝食付き
・WIFI有り(無料)
ティベリアやド

| イスラエル | 19:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT