世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンマンでブラブラ

見るものあんまりないと言われる<アンマン>。

マンスールホテルに泊まっている旅人も、
ぺトラが目的で、アンマンはさらっと通り過ぎる感じ。
しかし、西アフリカから来た私には見るものがたくさんあるように、
感じる、いやある。

当分来ることがないであろうアラブの国。
2日かけて町をブラブラ。
あいにく、天気は悪く、雨の中凍えながら歩いたけれど、
楽しかった。

DSCF0721.jpg
キング・アブドゥッラー・モスク

DSCF0716.jpg
女性は必ずマントを着用。無料レンタルしてます。

DSCF0705.jpg
モスクの中は本当に綺麗で落ち着く。
このやさしい光が好き。

DSCF0702.jpg
人の目にふれないようにじーと座って観察。

DSCF0711.jpg
外に出ようとしたらおじさんが寄ってきて、
「女性の祈る場所は向こうだよ。」と言ってきた。
そこで、別の建物の中に入ってみると、男性達が祈る
場所とは比べると地味な部屋が。
差別でなく文化なんだろうけど、、、。

DSCF0714.jpg
ムスリムの女性を撮るのはなかなか出来ないので、
話かけてきてくれた係員の女性にお願いしてパシャ。

DSCF0718.jpg
モスクの向かい側には教会が二つ。
話しかけてきたタクシーのおじさん曰く、
国王がヨルダンはキリスト教も受け入れるということの
証明として建てたらしい。
ヨルダンは寛容な国なのかも。


ヨルダンの道を歩いていると、タイと同じように国王の写真が
いたるところで見られる。
前国王の第2婦人(イギリス人)の子供で目が青い!
ヨルダンはやっぱり寛容だ。
他のアラブの国で外国人の女王と認めるところなんてないのでわ?

DSCF0727.jpg

DSCF0751.jpg
床屋?クリーニング屋に入り口にも国王の写真が。

DSCF0728.jpg
女王様はすごい美人


2日目の今日は、アンマンに来て初めての晴天!
(午後には曇ったけど。)
お土産を見に町をぶらぶら。

DSCF0734.jpg
Ring Faisal Street

DSCF0741.jpg
Artisana
大使館が集まるエリアにあるお土産屋
定価で安くないけど、クオリティーの高いものが置いてあった。
近くにあるJhordan Art and Craft?だったかな、そこも良い。

DSCF0739.jpg
買わないけど、おもしろい。

DSCF0748.jpg
現代アートの美術館Darat Al-Funun  ★★☆☆☆
高台にあるので坂をゼイゼイいいながら行ったけど、
内容はまあまあ。図書館は閉まっていた。

DSCF0691.jpg
ヨルダン国立美術館 ★★★☆☆
イスラムの現代作品を展示している。

DSCF0760.jpg
もちろん意図的でないれけど、
ムスリムの国の女性の立場を象徴しているようなマネキン。
欧米、日本でこんな風にしたら大きな問題になるはず。

DSCF0766.jpg
行っていないと気になってきて、足はくたくただけど
野菜を売るスークへ。

DSCF0769.jpg
男の人が買い物しているの光景はシリアと同じ、

DSCF0759.jpg
アラブの男の人は甘い物好き?
2日連続通ったデザート屋は大人気。

DSCF0763.jpg
アンマンの夕暮れ時
スポンサーサイト

| ヨルダン | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンスールホテルと2004年の出来事

今泊まっているのは日本人が集まる有名宿<マンスール・ホテル>。

このホテルは別名<マンスール・コーダー・ホテル>。
コーダーは2004年にイラクでイスラム過激派グループに拉致され
殺害された香田さんの名前にちなんでいる。

香田さんはこの宿に滞在していたわけではなく、すぐ近くにある
<クリフ・ホテル>にいてそこからイラクに向かった。
彼に頼まれてイラク行きのバスチケットを手配したサメールさんが、
<クリフ・ホテル>からこの宿に移った際に、
香田さんの名前をとって<マンスール・コーダー・ホテル>としたらしい。

このホテルの存在と香田さんのことは前から知っていたけれど、
そんなに興味はなかった。
でも、アンマンからぺトラへ行くミニバスの中から、
「To Iraq Border」の表示を見たときに、
漠然と「ああ、ここからイラクに行くことが出来るんだ。」と思った。

その一瞬から、ふと香田さん事件について考えるようになった。
そして、イスラムの世界についても。

話がそれるけど、ぺトラからアンマンに帰るバスの中でふと
非現実的で、馬鹿みたいなことをふと思った。
それは、
「一国の大統領、首相、国王になる人は、
 一大陸最低5カ国をひとりで旅してみるべきだ。」
ということ。

そんなことで出来るわけがないとわかっているけれど。

アメリカ前大統領ブッシュ氏は大統領になるまでヨーロッパに
行ったことがなかったと聞いたことがある。
アメリカ人の90%の人はパスポートを持っていないとか。
世界をリードするアメリカの大統領が
リアルな世界を知らなくてどうするんだろう?

世界の全ての国を把握するわけにはいかないけれど、
自分の国にはない価値観、宗教観を知ることはとても大切で、
それを知ろうとしない、認めようとしないから、
戦争や紛争が起こるんじゃないかな。

指導者こそ、ほこりにまみれ、お金をぼられ、だまされ、
ひたすらバスを待つような体験をすべきだと思うのは私だけ?

言葉で説明するのは難しいけれど、
ムスリムの国にいるとこんなことをあれこれ考えてしまう。

DSCF0732.jpg

man3.jpg

man2.jpg
外は雨、寒いのでみんなリビングルームでゆったり。
WIFIが飛んでいるので、皆ネット検索で会話があんまりない。

man1.jpg
3階

DSCF0757.jpg
すごく無茶寒いドミトリー

DSCF0730.jpg
朝食
ルアイだとパン一枚、オーナーだと半分、どうして?

| ヨルダン | 00:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぺトラ遺跡

ヨルダンで一番有名な観光地<ぺトラ遺跡>に行ってきた。

遺跡にはあんまり興味がないけれど、
一応見ておかなければと、重い腰を上げて。

<ぺトラ遺跡>は映画インディージョーンズの舞台となった所。
見た感想は、まあまあよかったかな。
イギリスの旅行家はこの遺跡を「古いバラ色の都市」と
表現したらしいけれど、ちょっと良く言いすぎのような気がする、、、。

冷めた感想を述べている割には、朝7時半から昼1時まで
遺跡を歩きに歩いて結構楽しんだのでした。

DSCF0623.jpg
朝の7時半ごろ
一番乗り?と思うぐらい人がいない。

DSCF0680.jpg
ぺトラ遺跡一番の見所<エル・ハズネ>に向かって、
てくてく歩く。

DSCF0678.jpg
岩盤の隙間を歩く
あと、もう少しのはず、、、。

DSCF0675.jpg
うん?見えてきた!

DSCF0629.jpg
<エル・ハズネ>
霊寵らしい、、。

<エル・ハズネ>をさらっとみて、
一番奥にあるもう一つの遺跡<エド・ディル>に向けて歩く。

DSCF0663.jpg
ぺトラ遺跡はすごく広いので、
ラクダやドンキーに乗って移動するのが楽、でも利用しなかった。
※最近ぺトラの入場料は一日50JD(約5,000円!)に値上がり。
その中にラクダ、ドンキー代が含まれているらしいけれど、
飼い主の人件費は含まれず別途。

DSCF0659.jpg

DSCF0636.jpg
待ちぼうけ~。

DSCF0660.jpg
ラクダの顔ってなんか和む。

DSCF0649.jpg
<エド・ディル>
修道院跡らしい、、、。

DSCF0646.jpg
<エド・ディル>に行く途中一休みしていたら、
寄ってきた男の子。地球の歩き方を興味深々で見ていた。

DSCF0654.jpg
ぺトラ・ナバテア博物館ペトラ考古学博物館があるけど、
どちらも内容はイマイチ、、、、。
出土品を並べているだけという感じ。
無料なので一応見学。

DSCF0652.jpg
この文様4世紀にはすでに生まれていたんだ~。
日本や中国由来のデザインと思っていたのでビックリ。

DSCF0686.jpg
インディージョーンズ・スナックショップ、
横の店は<インディージョーンズ・ギフトショップ>だったような。
便乗してます!

DSCF0639.jpg
アラブの国ならではのマグネット
今思えば買っておけばよかった~、アラブのおじさんマグネット!

ぺトラ観光基点の町<ワディ・ムーサ>は何も見所がないけど、
アンマン以外のヨルダンを見れてよかった。

DSCF0607.jpg
ご飯を食べてぶーらぶら。

宿からの景色がすごくよくて、しばし見とれる。

DSCF0608.jpg
ワディ・ムーサの町を見下ろす。

DSCF0618.jpg
夜景がすごくきれい
ハワイや神戸の夜景とはまた違う、素朴な感じの光。

DSCF0667.jpg
in Petra

<ぺトラの見学時間について>
最低5時間、ゆっくり見れば7時間は必要かも。

ワディ・ムーサの宿
Valentain Inn
 ★★☆☆☆
・ドミトリー 3JD
・バックパッカーに人気の安宿。バスターミナルから徒歩約10分
・ぺトラへの送迎あり朝7時、8時 ぺトラから宿への送迎 夕方4時、5時
・ドミトリーには暖房がなく寒かったけど、リビングルームは暖かくて快適。
・WIFI 無料
・夕食 5JD 周りにレストランがないので食べて見た。
 サラダが10種類ぐらい用意されていて、なかなか美味。
valentain.png


アンマンからぺトラ(ワディ・ムーサ)への行き方
<行き>
Jettバスが朝6時半発である。所要時間:3時間
朝早いのが辛かったので、普通のバスを使って行った。
南バスターミナル(ムジャンマ・ジャヌーブ)から午前中何便か出ている。
人数が集まり次第出発。本当は3JDだけど旅行者は5JD(約530円)でしか売ってくれない模様。
交渉しても無理ぽかったのでだまって払った。
※マンスールホテルからバスターミナルまでタクシーで2JD(約220円)

<帰り>
Jettバスが午後4時発である。8JD(約860円)
往復でしか予約できないので(チケット売り場がぺトラにはない。)、
帰りの便だけ利用する場合は早めに行って席を確保する必要あり。
発車場所はぺトラ遺跡の駐車場から。
※オフシーズンのせいか席はガラガラ。

普通のバスは早朝のみ(もしくは午前中)。※バスターミナルで確認済み
Valentain Innでアレンジしてもらえる。午前6時30分にピックアップ。

DSCF0602.jpg
南バスターミナル(ムジャンマ・ジャヌーブ)

| ヨルダン | 04:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒い!アンマン

アンマンに来て2日目。
金曜日にマーケットが開かれて、
カフェが軒をつらねるレインボー・ストリートに
歩いて行ってみたのだけど、
朝10時で早すぎたのか、どの店もクローズ。
マーケットは夏のシーズンしか開催されないらしく、
人っ子一人おらず閑散としていた。

DSCF0576.jpg
賑わっているはずのレインボー・ストリート
誰もいない、、、。

天気はあいにく風が強く曇り空。

何もすることがないので、アンマン城にでも行ってみようと、
2人でブラブラ歩く。
とにかく寒くて、風がビュービュー。
30分ほどいて、デザート屋でアラブのお菓子を買い、宿に戻る。
お菓子で一服したらまたぶらぶらと思っていたら、
雨が降ってきた。

今日は観光終了。

DSCF0579.jpg
アンマン城に行く前に宿の近くで腹ごしらえ
ファーラフェル(豆のコロッケのようなもの)+ミントティー(2杯)
2.5JD(約250円)

DSCF0588.jpg
アンマン城
そんなにたいしたことない遺跡

でもここから見るアンマンの風景はよかった。

DSCF0593.jpg

DSCF0597.jpg
宿近くにあるデザート屋
チーズの上に甘いシロップとココナッツ?がトッピングされている
甘~いデザート

DSCF0599.jpg
0.55JD(約55円)

あ~アンマン、日本と同じくらい寒くて、
宿も寒くてこたえます、、、。

アフリカからいきなりアラブの国、
そのギャップがおもしろい、でも寒すぎる。

DSCF0596.jpg
金、土曜日が週末にあたるらしく、
金曜日の今日は街もしずか。

| ヨルダン | 00:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。