世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

西アフリカ総括

42日間の西アフリカの旅は
<苦行>であり
<発見>であり
<我慢>であり
<忍耐を鍛える日々>だった。

砂ぼこりにまみれ、
荷物代をぼられ、
いつ発車するともわからないバスを待ち、
列車に乗ろうとすると8時間待ち、
バスのチケット買いに行けば1週間後しかないと言われ、
乗り合いタクシーに乗れば移動5時間の間に3回パンク、
排気ガスで喉をいため、
どんなものを食べてもマギー味で、
美味しいものを求めてさまよう日々、
町をあるけば「チーナ、チーナ」「シノワ、シノワ」と言われ、
何をしても疲れて、疲労がたまる毎日。
そんな環境の中で、疲れをとろうとしても水シャワー。

でも、西アフリカに旅することが出来て本当によかったと思う。

未知の世界を見ることができて、少し世界が狭くなった。
普通は「世界が広がった。」と表現するのが正しいのかもしれないけれど、
なぜか「世界が狭まった。」と言うほうがピンとくる。
世界は広いけど、人間が住んでいて日々の営みが行われているのは
どこも同じ。
ペルーでも、エクアドルでも、ボスニアでも、
エストニアでも、モンテネグロでも、セネガルでも、ナミビアでも。

私は今まで「旅すること。」に意味を求めなかった。
ただ見たいから、行きたいから、知りたいから、それだけ。
長旅するからには、自分の糧になるような何を得たい、
自分が成長のするためにとか、そんなことは求めなかった。
でも今回、西アフリカのある町に移動している時、
ぼけーと外を眺めながらふと
「この経験は何かの役に立てないともったいなすぎる
こんなにしんどいことを頑張ってるんやから。」
と思った。

例えば、何か大変なことが起こったり、日々の問題にぶつかっても、
この旅を思いだして簡単にへこたれないようにとか。
ただの「長旅のある-42日間」だけにしてしまうのは、
もったいなさすぎる!
だって、無茶苦茶しんどかったんやから。
めっちゃ頑張ったんやから。

◆これから西アフリカを旅しようと思っている女の人へ◆。
(いつか、誰かが、このページに行き着くことがあると思って
書いておきます。)
今回、ひとりで旅している女の人には一度も会わなかった。
会ったのは旅慣れている男の人か、カップル。
私達がケープ・タウンで出会った女の子はひとりで西アフリカを
旅していたし、出来ないわけでなないと思うけれど、
正直ほんとうに大変だと思う。
バマコの宿で、数カ国周る予定でビザまで取ったけれど、
しんどすぎて西アフリカを旅することを途中で止めることにした、
という女の子の書き込みがあったけれど、
うなずける。
マリちゃんと何度「ひとりやったら絶対無理やな~。」と話したことか。

何が大変かというと、、、、
南米やヨーロッパのように、日本人、欧米人に会わないし、
快適ホステルも少ない。ドミトリーがあるところが少ないので
必然的に宿代が高くなる。
公共の交通が発展していないので、タクシーに乗ることが多く、
出費が増えるし、ドライバーが信頼出来る人かわからず毎回不安になる。
まあ、こんなことはお金があれば解決することが出来るけれど、
日本と環境が違いすぎて体が疲れるのが一番しんどい。
その疲れはなかなかとれず、少しづつたまっていく。
2人ならその「蓄積していく疲れ」も2分の一になるけれど、
ひとりだとそういう逃げ口がない。
「他の国(マイナーな国)も同じと言う意見があるかもしれないけど、
アフリカは「質」が違うのです、とても濃いのです疲労の質が。

出来ないわけではないけれど、旅を楽しむ余裕を持つのが
難しいと思う、女ひとりでは、、、。

出来ないわけではないです、、、(独り言)。
でも、出来れば誰かと一緒に!

DSCF0469.jpg
in Ghana/Accra

| ガーナ | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガーナな食べ物

マダガスカルはじまったアフリカの旅。
美味しいものがない、どれもマギーの味しかしない、などなど、
ぶーぶー言ってきたけれど、アフリカの旅も終わりになると、
アフリカンな料理を食べておかないといけない気分になり、
ガーナでは色々食べ比べ。

大味で、味が濃く、マギー味のオンパレードだった他の国と
比べるとガーナはまだ色々バリエーションがある感じ。

DSCF0489.jpg
国民食Jollof Rice
ガーナの炊き込みご飯という感じ。
味はぎりぎりマギー味ではなく、でもケチャップ味でもない。

Jollof Riceを食べ比べしてみるけど、どこも同じ。
DSCF0482.jpg

レストランのより屋台で食べたほうが美味しかった。
決め手は炊き方。
DSCF0491.jpg

DSCF0481.jpg
Fufu
マギー味のスープにつかっているのは、
Fufuというお餅のような食べ物。

DSCF0490.jpg
名前はうろおぼえ、確かBunka?といったかな?
味は少しすっぱい。苦手!

DSCF0555.jpg
Yamという野菜とチキン

DSCF0554.jpg
野菜とチキン 味はまあまあ。

DSCF0471.jpg
道端に売っていた怪しげな食べ物。
見たときは蒸しパン?と思ったけど、
食べてみると、黄な粉を練ったものに、
辛いスパイスを混ぜ込んだような食べ物。すごい味だった。

DSCF0469.jpg
笑顔が素敵なおばさん

食べるだけでなく、アクラの街をうろうろ。
誰かがブログで書いていたけれど、
「ガーナ人は、良い意味で観光客に無関心で、
 適度な距離をとってくれるから居心地がいい。」

まあ、そうかな。
他の国と比べると人は親切な気がする、
でも相変わらず「チーナ、チーナ」攻撃はある。
まあ、どうしていちいち私達に向かって言ってくるのか、
考えてもしかたないけど、良い気持ちはしないよ!

DSCF0477.jpg
国立博物館 ★☆☆☆☆
ロンプラのexcellentの評価は信じられない。
時間がなければ行かなくてもよいところ。

DSCF0472.jpg
Makola Market
ちょっと見飽きたかな~。

DSCF0480.jpg
学生達がオリジナル・プリントの可愛い制服を着ていたのが印象的だった。
写真を撮らせてほしいと頼むと、「どうぞ、勝手に。」という冷たい反応。

アクラの宿
Kokomlemle Guesthouse
★★☆☆☆
・ダブル 25C(約1,125円)
・Makola Marketから徒歩30分ほどのところにあるホステル
・街の中心から離れているので少し不便
・WIFI無し(近くに大きなインターネット・カフェがある)
 水シャワー
・エミレーツ、エジプト航空のオフィスへは歩いて15分ほど

hte.png

| ガーナ | 06:17 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Door of No Return

アクラからケープ・コーストにやってきた。
ガーナは奴隷貿易の中心地となったところで、
ここケープ・コーストには奴隷達が収容された
<Cape Coast Castle>と<Elmina Castle>がある。
※二つとも世界遺産

午前中にまず<Elmina Castle>へ、なぜか体が重くて
今日は宿に帰ってゆっくりしなくてはと思っていたのだけれど、
せっかくここまで来たし、見ておかなくてはと
午後ひとりで<Cape Coast Castle>へ。

どちらも、セネガルのゴレ島にあった<<La Mansion des Esclaves>>と同じで、
暗くて、狭い、奴隷達を収監した牢屋と、
支配していたオランダ人達が住んでいた広々とした部屋がある。
すごく大きなお城で、1,000人ほどの黒人を収容できたとか。

DSCF0541.jpg
Cape Coast Castle

DSCF0522.jpg
Elmina Castle


そしてここにもあります「Door of No Return」

奴隷達が船に乗り込んだ場所であり、
ここを出たら2度と戻ってこれない、帰らざる者の扉

DSCF0546.jpg
Door of No Return(Cape Coast Castle)

DSCF0542.jpg
黒人の観光客も大勢いた。

DSCF0545.jpg
ドアの外
奴隷貿易の面影はなく、平和な漁村の風景がひろがる。

DSCF0503.jpg
Door of No Return(Elmina Castle)

DSCF0505.jpg
当初はドアの外はすぐ海だったらしい。

奴隷達はまず、トーゴやニジェールの海岸沿いの村から
2ヶ月かけて歩いてここまでたどり着き、船に乗せられるまで
3ヶ月間トイレもない地下牢獄に閉じ込められた。
なかには食べることを拒否して、自ら死んでいた人達も少なく
なかったそう。

そんな劣悪な環境に耐えて、
この牢獄を出て行く先にも希望がないことを知っていても、
生き抜くことを決めた黒人達が
このドアを通るときどんな思いだったんだろう。
私には想像することさえ出来ない。

DSCF0548.jpg
ヨーロッパ人達が使用していた部屋

DSCF0500.jpg
トイレも窓もない牢獄

DSCF0509.jpg
問題を起こした人が入る牢獄:左が黒人用、右が兵士用
違いはドアの作り。黒人の牢獄はドアを閉めたら真っ暗だけど、
兵士の牢獄は光が差し込む。

DSCF0508.jpg
館内は必ずガイド同伴

DSCF0531.jpg
ケープ・コーストの町で見かけたカメラ屋の看板。
証明写真のモデルがオバマ大統領!
彼が大統領になったことは、黒人社会にすごい影響を
与えたんだろう。

DSCF0536.jpg
私には感じ得ない思いをもっているんだろう。

アメリカ、ヨーロッパにいる黒人の先祖はみんな
このアフリカから強制的に送りだされた。
当たり前の事実だけど、すごい歴史的事実。

そして、今回一番驚いたのは、黒人を捕まえたのは
ヨーロッパ人達ではなく、地元の有力部族である黒人だったということ。
当時のアフリカは部族闘争があって、それを逆手にとっていた。

今日は、奴隷貿易について色々考えた一日でした。

アクラからケープ・コーストへの行き方
アクラのSTCのバスターミナルからバスが出ている。
朝の7時、11時、昼の3時があった。
※STCのターミナルがは2つあって、街中にあるほうではなく、
近郊にあるメインバスターミナルから出ている。

ケープ・コーストの宿
BOBAB HOUSE
 ★★★☆☆
・ツイン 25C(約1,125円)
・欧米人が集まるようなお洒落なゲストハウス
・街の中心にあって観光には便利
・品そろえが良い土産屋も併設している
・WIFI有り、水シャワー
baobao.png


| ガーナ | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

航空券購入大騒動

ガーナでまずしなければならないことは、
次の大陸へのチケットを買うこと。
マリちゃんはインドへ、私はイスラエルへ行きたくて、
以前から各自どうやって行くか、どの航空会社が安いか、
調べていたので、あとは出発日を決めてあとは買うだけのはずが、
本当に購入するとなると色々考えることがあって、
なかなか踏ん切りがつかず。
なんといっても、7万前後の買い物なので、、、(本当円高さまさま)。

やはり4ヶ月弱ふたり旅をしてきて、ひとり旅に戻るのは
それなりの覚悟がいる。
航空券を買ったときからすでにひとり旅が
はじまるのかもしれない、自分では気づかないけれど。

私は当初、イスラエルへ飛びその後、ヨルダンへ移動しようと
思っていたけれど(ヨルダンから日本へのチケットが安いので。)
色々調べていくうちにヨルダンからイスラエルへ
行くのは簡単だけれど、その反対は事前にイスラエル・ビザを所得していておかないと
いけないらしく、なんか面倒(2人なら全然たいしたことがないと思えるのに。)。
旅の最後はヨルダンよりイスラエルのほうがいいかな?と漠然と思ったり。

エジプト航空なら2人とも途中カイロまでは同じ飛行機に乗って
に行けることがわかり、今朝、エジプト航空のオフィスに行ってみることにした。
窓口のおじさんにチケットを探してもらったところ、
ネットの価格よりも高い!
私の場合、最初に考えていたトルコ航空でイスラエルへ行くほうがかなり安い。
なので、ここで私はヨルダン行きを諦め、自分でチケット(イスラエルの
テルアビブ行き)を買うことに。

マリちゃんは、最後の力を振り絞ってスペインへ飛ぶことも考えていて、
エジプト航空でインドへ飛ぶか、スペインへ飛ぶか決めきれない様子。
でも、いろいろ考えた末、スペインへ飛ぶことを決めて、
チケットの発券をしてもらうことに。
これでマリちゃんは一段落とおもいきや、そうは問屋が卸しません。
おじさんが一言「ドルの現金で払ってもらう。」
え~~~、約650ドルの現金を用意しろと。
ガーナの通貨も受けつけず、クレジットカードもだめ。
おいおい、、、。いまどきそんな航空会社あるの?
マリちゃんへこむ。
それならネットから購入すれば問題解決と思いきや、
おじさんいわく、現地人だけネットでチケットを購入できるとのこと。
いじわる、、、。
(※後からだめもとで挑戦してみるものの、支払う前の段階でエラー。)

ドルを用意すべく銀行へ行く途中に、インド行きを飛ばしている
エミレーツ航空のオフィスがあるので立ち寄る。
マリちゃん、デリー行きのチケットが買えるか
窓口のお姉さんに聞くと、
魔の一言「片道券は売ることが出来ない。」。
が~ん。そうだったエミレーツは片道券に対して厳しい。

ダカールへ飛ぶときに利用したケープタウンにあるエミレーツのオフィスでも、
「片道券だと入国できない可能性がある。」と言われたけれど、
「でも、売る事は出来る。あとは自己責任でね。」という優しい対応。
片道券を買うことができ、問題なく入国もできたのだけれど、
今回のお姉さんの様子を見ていると、絶対に売ってくれない感じ。
マリちゃんは以前、エミレーツのオンラインサイトでチケットを買おうとしたとき、
スムーズに手続きが進まず、何度も電話をかけな
ければならなかったという経験があり、オンライン購入はしたくないらしい。
ということで、マリちゃんのエミレーツでインドへ行く案は消滅。

気を取り直して、銀行へ米ドルを作りに行くけれど、
ここでは銀行にアカウントを持っていない場合は無理と断られ、
近くの両替商を紹介される。
そこでは問題なくドルを手に入れられるのだけれど、レートが
悪く20ユーロほど損するらしく、マリちゃんは再び迷う。

お昼12時の時点でふたりとも、困り顔。
まずは、もう一度調べてみようと近くのネット屋に行く。
この時点で私は「トルコ航空でイスラエルへ。」行くことをほぼ
決めていて後は、ネットでチケットを購入する覚悟を決めるだけ。
でも、以前ネット購入で2度ほど手こずった経験があり
「ネットでチケット購入恐怖症」の私はなかなか行動に出れず。
横にいるマリちゃんの様子を伺う。

マリちゃん、私がお勧めする航空券検索サイト<EXPEDIA.COM>を調べたところ、
もう一つの可能性が出てきたらしく、ドル・現金払いでエジプト航空・スペイン行きを
買うという決断が鈍ったらしい。
選択枠は以下の通り↓
1、エジプト航空でスペインのバルセロナへ(※乗り継ぎが悪く12時間待ち)。
2、エジプト航空でインドのムンバイへ。
3、ナイジェリア航空+エミレーツ航空を乗り継いでインドのデリーへ。
(1の場合、私もカイロまで一緒に行き、同じぐらいの待ち時間で、
ヨルダンへ行ける。)
マリちゃんはまだ悩んでいる様子で、私はもう買ってしまおうと、
いざトルコ航空のサイトへ。EXPEDIA.comでも購入できるけど、
トルコ航空だから大丈夫だろうと思い、必要事項の欄をうめていく。
(EXPEDIA.comを利用している人に会ったことがないけど、
 過去2度利用して、問題なくチケットが買えたので私的には
 一番利用しやすいサイト。)
次は支払いという段階になって、PAYMENT・RESERVATIONをクリックする。
「はいはい、クレジット番号ね。」と思って画面を見ると、
なぜか<手続き完了>の表示が。

え?でもお金払っていないんですけど?

説明文を読むと、今の段階では予約が完了しただけで、23日までにチケットを
引き取る必要があるらしい。でも、どうやって?トルコ航空のオフィスまで
行かないといけないわけ?発券手続きを再度しないといけないわけ?
混乱、、、、。
だから、ネット購入嫌いやねん。

登録していたアドレスにメイルが送られてきて、
「貴方のチケットは予約完了しています。今から支払いの手続きを
行うことが出来ます。」という内容。しかし!支払いのページに
行ってもクレジット番号を打ち込むような画面ではない(う~~)。
救いはお金を払っていないこと。
やっぱりEXPEDIA.comで購入しとけばよかった。

そんな私の横では、以前悩むマリちゃん。
頼みのトルコ航空に失望した私は、ふたたび振り出しに。

アクラのネット屋で途方にくれる日本人女子ふたり。

私にはまだEXPEDIA.comでトルコ航空のチケットを買うという
可能性は残っているけれど、マリちゃんと途中カイロまで一緒に行ける
エジプト航空アンマン行きでもいいかなも思う。
どうする私達。

すでに、ネット屋にきて2時間が過ぎた午後の3時。
「もし、マリちゃんがエジプト航空でスペインへ飛ぶなら、私もエジプト航空で
アンマンに行こうかな~。」という超優柔不断な発言が決めてになったのか
ついにマリちゃんEXPEDIA.comでエジプト航空スペイン行きを買うことに。
さすがEXPEDIA.com、5分ほどで問題なくチケット購入完了。
それなら私もと、アンマン行きのチケットの購入手続きへ。
ありがとう、EXPEDIA.com、何も問題なし(多分)。
ついに2人ともチケット購入。

半日費やしたオンラインチケット購入騒動は
ついに終焉を迎えたのでした。

ケープタウンからカタールへ飛ぶときも半日をかかったし、
自力でチケットを購入するのは一筋縄ではいかない。
いろんな問題がどこからともなく湧き出てくるのです、ほんとうに。

それにしても、航空券の販売のしくみってどうなってるのだろう?
エジプト航空のネットでは購入できないのに、
EXPEDIA.comでは出来て、
エジプト航空のオフィスでは見つからなかった安い席が、
EXPEDIA.comでは見つかったりするという摩訶不思議な現象。

ネット購入は本当に苦手、あ~~疲れた。

DSCF0461.jpg
この席でああでもない、こうでもないと3時間近く悩んだ

DSCF0459.jpg
宿の近くの屋台で食べたサンドイッチ
腹持ちがよく4時まで何もお腹にいれなくても平気だった。


| ガーナ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トーゴからガーナへ

西アフリカ、最後の国境越え。

今回は今までで一番楽チン。
ロメからガーナとの国境までたったの2kmで
タクシーで5分ほどの距離。

サクサクの出国の手続きをして、
ガーナの首都<アクラ>行きのバスに乗りこむ。
たったの3時間で到着。

<アクラ>の街に近づいたとき、<ナミビアのウィンドフック>から
<南アフリカのケープタウン>の街に着いたときと同じように
「都会に来たな、来てしまったな。」と思った。

もう、コテコテのアフリカではない感じ。

西アフリカもあと少し。

DSCF0454.jpg
トーゴとガーナの国境

トーゴからガーナへの国境越え
ロメからガーナとの国境までは2kmで楽チンな国境越え。
私達は2人で1,000CFA払ったけれど、距離からして500CFAで行けると思う。

ガーナのイミグレーションを出ると、タクシー・ドライバーが
声をかけてくる。でも、STCのアクラ行きバスに乗ったほうが無難。
私達の場合、ドライバーがアクラまでひとり3,000CFA(約480円)と
行ってきたけど、3時間でこの値段は安すぎてあやしい。
歩いて100mぐらいのところにSTCのバスターミナルがあるので、
そこからアクラ行きに乗りましょう。
STCのバスターミナルから5分ほど歩いたところにミニバスの乗場があるので、
そこから乗り合いバスでアクラに行くのも可能なはず。 

DSCF0455.jpg
STCバスターミナル

| ガーナ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |