世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ビル・クリントン像

スコピオから日帰りでコソボの首都ブリシュティナに行ってきた。

はじめは行く予定ではなかったけれど、ソフィアで会ったマリコさんからブリティシュナの話を聞くうちに、興味がわいてきた。
コソボといえば戦争をしていた怖い国というイメージがあるけれど、
現在は情勢も落ち着いて普通に旅できるらしい。
少しドキドキしながら行ってみることにした。

まず驚いたのが、国境を越えてブリティシュナの街へ行くまでの
間にあった、建設を途中でやめた家、ビルがたくさんあったこと。
また、完成したけど誰も住んでいない家に、一階だけが店舗として
使われて二階より上は使われていないビルもあり、5件あるうち
2件はこのような途中建設みたいな建物ばかり。
次から次へと見えてくる家々をみていると、「これらの建物は大工の腕を
磨くために、練習用に建てられたものかもしれない。」と思ってしまうぐらい、
異常な景色だった。

DSCF7735.jpg

DSCF7657.jpg

DSCF7650.jpg

qqq.png

qqq1.png


2時間ほどバスに揺られてブリシュティナの街に着いた。
まずはビル・クリントン通りに出たいくて地図を片手に
うろうろ、方向はあっていると思うけれど通りすがりに
出会ったおばさんに聞いてみると、
「私に着いてきて。一緒に行きましょう。」
えっ、でもおばさん用事があるんじゃ???
おばさんスタスタ歩いていくので、私もついていく。
医療機関で働いているため英語は堪能で、いろいろ
歩きながら街の地理を説明してくれた。

DSCF7662.jpg
陽気なおばさん
バスターミナルのチケットオフィスのおじさんが無茶苦茶
愛想が悪かったので、この国の印象が悪くなりそうだったけれど、
彼女の親切な態度に「いろんな人がいるからしょうがない。」と
思い直せた。

この街で私がまず見たかったものは元ビル・クリントン大統領の像。
アメリカ大統領の像ななぜコスボに?なんでも、コソボ紛争のときに
クリントン大統領はコスボに有利な政治的選択をしたため人気者に
なったんだとか。

おばさんと歩いていくと、う?なんか見えてきた像らしきものが、、、。
「あれが、クリントン像よ。私はアメリカが好きだわ。」と一言。
おばさんとはここで別れて、私はまず写真を撮る。
その間も、地元人が像の前を通りすぎるのだけど、みんな無関心。
像を見る事もなく、そこにあるけど一度見たからもう見ない、みたいな
感じで本当に素通り。
笑みを浮かべて手を挙げているクリントン大統領と無関心な市民の態度の
差に大きなギャップを感じたのでした。

DSCF7721.jpg
う?右側にあるのは?

DSCF7717.jpg
元アメリカ大統領 ビル・クリントン像

DSCF7720.jpg
手に持っているの本に書かれている言葉は日付と名前だけ。
「1999年3月24日 ビル・クリントン」

DSCF7665.jpg
誰も興味をもたず、、、。

DSCF7663.jpg

DSCF7715.jpg
ビル・クリントン通り
以前はどんな名前の通りだったのだろう?

DSCF7725.jpg
標識、、、本当にそうなんだ。

写真を撮り終えたので、ビル・クリントン通りを歩いて街の中心へ。
この通りはいつの間にかマザー・テレサ通りに変わっていたのだけど、
道路標識がないせいでどこを歩いているかわからず、、、、。
ここはどこだ?と思いながら歩いているとマザー・テレサの像が!
彼女の母国マケドニアのスコピオに建てられたのはわかるけど、
どうしてコソボに?不明です。

DSCF7672.jpg
歩行者天国 マザー・テレサ通り

DSCF7677.jpg
通り過ぎてしまいそうな小さな公園の中にある像

ここまでで約1時間。
もし、ここがコソボの首都でなかったら、観光客が足を運ぶことがないだろう
と思うくらい特にみるものはない。
クリントン像を見て満足な私は、ぶらぶら街を歩く。

街はいたって平和で、欧米人や富裕層をターゲットにしたカフェや
バーが集まるエリアがあったり、野菜マーケットは地元人で賑わっていたり。
戦争の傷跡というものは感じられなかった。
歩いている人を見ても、民族意識が高いというような感じはないし、
どうして戦争が起きてしまうのか不思議に思う。

DSCF7690.jpg
マーケットは地元の人でにぎわっていた。

DSCF7697.jpg
独立時のモニュメント?それにしても、、落書きだらけ。

そして!

DSCF7709.jpg
いた!落書きする人!
イタリアのどこかの建物に落書きをして
批判を浴びた日本の女子高生がいたけれど、、、、
みんななんの悪気もなく書いているんだろうな~。

DSCF7681.jpg
多分、コソボの紛争で命を落とした人達の写真。
英語できちんと説明しておけば、観光客にも理解してもらえるのに、、、。

DSCF7683.jpg
日に当たりすぎて、真っ白になった写真。

DSCF7703.jpg
街の中心に止まっていた国連の車

DSCF7705.jpg
コスボの旗の横にアメリカの旗が、、、。

DSCF7711.jpg
紛争があったなんて信じられない

街の雰囲気も感じとって、見るものもないので予定をはやめて
スコピオの街に戻ることに。

はじめは、ヨーロッパはお城と教会だけと思ったりしたけれど、
国を周るにつれて、今まで知らなかった歴史を知ることになって、
自分の知識が広がっていくように感じている今日この頃。

町の歩き方
地球の歩き方にはコソボが紹介されていないけれど、
地図なしでも大丈夫だった。ロンプラの地図は一応持参。

ます、バスターミナルを出て前方に高速道路が見える。
その下を通って住宅地へ。

DSCF7730.jpg

この階段を上ると住宅地へ出る。
DSCF7729.jpg

ちょっと不安になるけれど道なり(左方向)に
歩いて行けば大きな通り=ビル・クリントン通りに出る。
右を向けば、建設中の教会のような塔が見えるので
その方向に歩いていけば町の中心へ。

DSCF7726.jpg

| コソボ | 18:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |