世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南米大陸、最後の日。

南米、旅の終わりはあっけなく来てしまった。

今いるのは、空港のゲート。
焦燥感、なんか寂しい。

3週前までは「南米はもう十分」と思っていたのに、
サルバドールでの滞在が意外に楽しくて、
今の本当の気持ちは「もう少しいたい」
(弓場農場でゆっくり、英気を蓄えたつもりだったのに、
移動することのしんどさは消えることはないよう。)

滞在日数267日。
長距離バスに乗った回数49回。
列車に乗った回数2回。
飛行機を利用した回数6回。

本当に色んなところに行きました。

首絞め強盗に、ケチャップ強盗、スリに置き引きと
どんな恐ろしいところかと思っていた南米。
なんとか危険な目にも合わずここまで来れた。

旅を始める前は、日本人宿で出会った日本人と旅を
共に出来るだろう思っていたけれど、裏を返せばほとんど一人。
日本を出て3ヶ月頃までは、「誰かと一緒がいい。」と
移動するとき、国境越えのときによく思っていたけれど、
半年を過ぎたころから、その甘い考えはなくなってきた。
いつでも「1人で行動する覚悟」を持つことが普通になってきたというか。
「旅する力」が自分の知らない間に付いてきたようだった。

南米で訪れた国、コロンビア、エクアドル、ペルー、チリ、
アルゼンチン、ボリビア、ブラジル
の中で好き嫌いはあるけれど、
はっきり言えることは「行かなくてよかった国はない。」ということ。
それは、今まで旅をしてきていつも思うこと。

9ヶ月間、楽しい!って感じの時よりも、しんどい、大変、疲れるという
時のほうが多かったけれど、そんな状況でも充実した日々だった。

次の大陸はヨーロッパ。
南米のようにスローでゆったりとした旅ではなく、
サクサク、どんどん進んでいく旅になりそうです。

DSCF5782.jpg
サルバドールの最後の散歩をしてたら、
おじさんがお仕事中。
前日、このおじさんの絵を一枚4ドル、言い値で購入。
普通は値切るけど作家さんから直接買うときは、
よっぽど高くない限りは値切らないようにしている。
といっても、4ドルやけど。

DSCF5783.jpg
サルバドールの旧市街ではいたるところに絵を売っているお店がある。
目にとまるものがいくつかあったけど、その中でもなぜかこの絵が欲しくて、
5分ほどどれにするか迷って、おじさんに笑われた。

DSCF5725.jpg
願いごとかかなうというボンフィ教会のリボン。
このカラフルなリボンを自分の腕に結んで願いごとをしたら、
ほどけるまでそのままにしておかないといけないらしい。
私は、教会のドアにしっかりとくくり付けてきました。
願ったことは、、、、、、

「これからも、無事に旅が続けられますように!」

| ブラジル | 05:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わりよければ全てよし。

旅の本で見つけた印象的な言葉がある。
はっきりと覚えていないけれど、
「旅をしていても毎日がすばらしい日なんてことはない。
でも一瞬、この時のために旅をしていると思えるときがある。」

今日の夜は私にとってそんな時だったように思える。

夜9時から旧市街ではじまった太鼓のパレードを、宿の皆で
見に行った。全く期待していなかったのに、すごくよかった。
言葉で表現するのは難しいけれど、楽しくて、こちらまで
笑顔になるような。

4週間前までは、南米はもう十分と思っていたのに、
明日出発となった今、この大陸を去るのが寂しい。

DSCF5731.jpg
火曜日は町のいろんなところでライブが開催されていた。

DSCF5733.jpg
太鼓のバンドの隊長は結構厳しく、
町を練り歩きながらも、バンドのメンバーを
怒ったりしてそれが見てておもしろかった。

DSCF5742.jpg
バンドの後ろにはダンサー+観光客がいて、
踊る踊る。
すごくよかった、、、、けど写真では
伝わらない。

DSCF5736.jpg
太鼓に合わせてみんな踊る、踊る。
一瞬阿波踊りしているようにもみえた。

DSCF5753.jpg
決まった!

| ブラジル | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南米最後の買い物。

サルバドール、意外に買い物が楽しい。

旧市街には土産物屋が軒を並べ、お土産だけを売る
メルカドもある。
主に売られているのは、黒人をモチーフにした絵や、
置物や、リゾート用の服など。
南米最後の買い物のチャンスで、力が入る。

サンパウロで出会い、「なお宿」で再会したキヨミちゃんと、
買い物目的で街をうろうろした一日でした。

DSCF5662.jpg

DSCF5663.jpg
昔の建物がそままの残る旧市街。
石畳の道が情緒あります。

サルバドールの街はとにかく、色が鮮やか。
サンパウロやリオとは全く違う、個性的で、
原色の世界。
DSCF5672.jpg
土産屋で売られている置物。買わなかったけど、、、。

DSCF5664.jpg
今まで訪れた観光地でも必ず見かけてきたのに、
買わなかった絵。でも、ここではなぜか1枚買っておきたくて、
色々物色。まだ、これ!というものが見つかっていないので、
明日も探す予定。

DSCF5684.jpg
店頭ディスプレイもパンチあります。

DSCF5665.jpg
日本でも着ることができそうな服を売っている、
お洒落な店を発見。今日は、お財布の紐がゆるみました。

DSCF5678.jpg
道端で売っているフルーツもカラフル~。

DSCF5691.jpg
独特な民族衣装を着る女性。
町中にこのドレスを着た人達がいるのだけど、
100%観光客相手。
ペルーやボリビアで民族衣装着ていたインディヘナの
女性達が、風景に溶け込んでいたのとは真逆。

DSCF5692.jpg
どことなく、キューバと雰囲気が似ている気がする、
サルバドールの街。

サルバドールの宿 なお宿 ★★★☆☆
・ドミトリー 20レアル(約1,000円)
・カーニバル時期は、日本人が集結して太鼓の練習に励み、
カーニバルに参加することで有名な日本人宿。
・あんまり綺麗じゃないけど、居心地良し。
・今の時期はオフイーズンで泊り客があまりいず、広々とした感じ。
DSCF5649.jpg

| ブラジル | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これぞブラジル!

サン・パウロ、リオ・デ・ジャネイロとブラジルの
大都市を周ってきたけれど、いまいちブラジルの雰囲気を
感じれていなかった。
でも、今日宿の皆とサルバドールのビーチに出かけて、
これぞブラジル!という雰囲気を楽しむことが出来た。

宿からバスで30分ほどのところにある、ビーチで
みんなでぼーとしたひと時。
あっと言う間に4時間ほどが過ぎて、宿に戻り
夜はピザを食す。

特になんにもしなかったけど、楽しい日だった。

DSCF5651.jpg
ブラジルの国旗はデザイン的に優れている気がしてきた。
Tシャツにしてもお野暮ったくないし、こんな感じのアートに
なってもお洒落。

DSCF5652.jpg
サボテンと、ビーチと、遊ぶ少年達。

DSCF5655.jpg
屋台の陽気なお姉さん。

DSCF5657.jpg
コロッケのようなもの。4レアル(約200円)

DSCF5658.jpg
ビーチは黒人の人達でいっぱい。

DSCF5659.jpg
リゾート地というより、地元の人のビーチ。

| ブラジル | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リオのコスメパッケージ

ブラジル編

リオの街を歩いていたら、お洒落なディスプレイが
目にとまって引き込まれるように入った店は薬局。

ポルトガル語がわらないので推測するに、
老舗の薬局が新しいコンセプトで、今の時代にあった
商品を開発し販売しているお店のよう。

商品の質はわからないけど、店の内装、ディスプレイ、
パッケージはすごくよく出来てると思う。
ここはヨーロッパ?、東京?と思うくらいに。
いや、日本にはこんなお店ないかも。

久しぶりに、デザイナーの目をしてまじまじ見てしまった。

DSCF5588.jpg
ここはブティック?と思うぐらい凝った店内。
売っているのは石鹸、シャンプー&リンス、クリームなど。
とにかくお洒落だけど、一般人に支持されていくかは微妙なとこかも。

日本でもあるけど、デザイン的にすぐれているけど、
非日常的な感じ(お洒落すぎる)に思えて、自分用としては買わないけど
ギフトとしてなら買うっていう、商品が結構ある。
それと同じ感じ。

DSCF5597.jpg

DSCF5590.jpg

DSCF5593.jpg

DSCF5594.jpg

DSCF5595.jpg

| ブラジル | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT