世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国境越えは嫌いだけれど。

今日は、再び国境越えの日。

サルタからアルゼンチンとボリビアの国境、<ラキアカ>までバスで行き、
そこから徒歩でボリビアの国境の町<ビジャソン>まで行く。

DSCF3812.jpg
朝7時にサルタを出発。

この国境越えは特にややこしいこともなさそう。
でも、翌日のウユニ行きの列車のチケットを買うために
出来るだけ早く町に着きたいので、早朝発のバスに乗って移動開始。
バスから見える景色はなかなか、田舎町を通り過ぎるたびに、
インディへナの人達を多く見るようになり、アルゼンチンから
ボリビアに移動している感じが高まってきた。

眠ったり、景色をみたりしつつ、8時間のバス旅は終了。無事に<ラキアカ>に到着。
バスターミナルからイミグレーションまでタクシーで移動。問題なく出国、入国スタンプをゲット。
時間によって、2時間待ちだったりするらしい。

DSCF3815.jpg
アルゼンチンとボリビアの国境。

DSCF3818.jpg
アルゼンチンの出国スタンプをゲット

DSCF3819.jpg
ボリビアの入国スタンプをゲット。

昼食に軽く、エンパナーダを食べただけなので、お腹ぺこぺこ。
でも、まずは列車のチケットをと思って、人に聞きながら駅に向かってあるくのだけれど、
なかなか到着しない。心配になって、おじさんをつかまえて駅がどこ尋ねるとどうやら、
行き過ぎたらしい。駅が、あまりにも閑散としていて、そこが駅と思わずに通りすぎていた。

で、チケットを買おうと思うと人がいない
ガイドブックによると、今日は午後2時30分から6時まで、チケットオフィスは開いているはず。
おかしいな~と思いつつ、10分も待てば誰か来るだろうとクッキーを頬張りながら、待つ。
30分、40分、、、そろそろ、なはず。
そのうち、地元の人もやってきて、係員が居ないことを知り、調べに行ってくれたところ、
コンピュータのトラブルかなんかで席をはずしていて、もう少ししたら来るとのこと。
1時間後ようやく、係員の人がきて、チケットをゲット。これで、一安心。

DSCF3821.jpg
電車のチケットを買いに行ったのに、誰もいないの図。

<ビジャソン>の町歩いて感じたことは、チベットの雰囲気に似ているなということ。
廃れた感じや、人の雰囲気が。多分、この町にいる日本人は私ひとり。
バスで一緒だった欧米人は違う町に移動すると言っていたし。

そう思うと少し怖い。

ガイドブックに乗っていない町こそ、本当の現地の人達の生活が垣間見れるチャンス。
でも、裏を返せば、もしも何かあったら頼れる人がいないということ。
ガイドブックに乗っているような町なら、設備の整ったホテルがあって、
最悪そこに飛び込めば英語を話す人がいるだろうという、安心感がある。

チベットを旅した時も、観光客が誰もいないような町に泊まったので、
それと重ね合わせているのかもしれない。

まあ、たまにはいいかな。

DSCF3834.jpg
インディヘナの人達が多くて、
アルゼンチンとは全く違う雰囲気。

DSCF3831.jpg
市場では普通にコカの葉を売ってます!

DSCF3826.jpg
恒例移動日のがっつり料理 15ボリ(約180円)
ホテルの人お勧めのお店。
小ぶりのチキンだったけれど、美味しかった。

◆Hotel Plaza ★★★☆☆
・65ボリ(約800円)
・綺麗なビジネスホテルといった感じ。
・スタッフも親切で、安心感があった。
villazon hotel

スポンサーサイト

| アルゼンチン | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウユニの束縛

南米を旅しているバックパッカーにとって、雨季のウユニは特別な場所らしい。

本来は、真っ白な塩の世界が広がる乾季がベストシーズンなのだけれど、
なぜか日本人の間では、雨季のウユニが圧倒的に人気。
3月のウユニの町は日本人だらけだったらしい。
なんでも、水がたまることによって、鏡張りとなり、天国のような景色が見えるそう。

今まで旅をしてきて、ウユニの話を聞くたびに思っていたこと、それは
見た人はすごく満足していて、「雨季のウユニを見た。」という、なんというか
優越感を持っている感じがしていた。
他の遺跡や観光地に関しては、「この時期に見ないといけない。」みたいな
ことはないけれど、ウユニに関しては、雨季は絶対はずせないみたいな。

ウユニにあまり興味がなく、どれほどすごい景色か写真でしか見れない私は
ふ~んと、少し冷めた感じでいつも話を聞いていた。
(見ていない者の、ひがみです。)

ウユニの雨季は、年にもよるけれど2月~3月までらしい。
また、その時期はパタゴニア地方のベストシーズンでもあって、
そちらを優先した時点で、私は雨季のウユニを見ることを半分諦めた。
でも、心の中ではずっと気になっていたことは確か。

そして、時は4月。

もう無理なんだろうと思っていたら、まだ水が張っているとの
情報をゲット。こうなったら行ってみるしかない、というこで、急遽ルートを変更して
私は、今ウユニに向けて移動している。
そして、その移動が国境越えを伴うものでしんどい!
(パラグアイ→アルゼンチン→ボリビア)

もしかしたら、私が行く頃には雨季が終わり、
みんなが絶賛する鏡張りは見れないんじゃないかという、不安を抱えつつも、

まずは行ってみよう!

と、自分を励ます、今日この頃。

| アルゼンチン | 06:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルタまでの苦行。

アスンシオンからアルゼンチンのサルタに向かうことにした。

しかし、この国境越えが結構ややこしいらしく、イグアス移住地にいる間、
これでもかというほど調べてなんとか、自分なりに道筋を立てれたので出発することにした。

何がややこしいかというと、パラグアイとアルゼンチンの国境<クロリンダ>というところは、現地人用のイミグレーションしかなく、外国人が出入国スタンプを押してもらうためには、6キロほど戻ったところにある<ファルコン>という町まで戻る必要があるとのこと。

こう書いてみると、大したことないのだけれど国境越え嫌いの、私はすごく気が重かった。国境を無事に越えれても、<クロリンダ>から<サルタ>行きのバスの席が空いているかも全く予想つかないし。

調べてみたところ、サルタ行きのバスは午後1時30分発らしく、出来れば2時間前には町まで行きチケットを購入しておきたいので、まずは国境越えを目標に、朝の7時に宿を出る。

バスターミナルで<ファルコン>行きのバスを待つこと10分ほど、おんぼろ車体のバスが来て、それに乗る。15人も乗ればいっぱいのバスで、もちろん立ちっぱなし。でも、国境へ向かう緊張感からかそれほど気にならず。1時間半ほどで無事に<ファルコン>の町に着いて、パラグアイ側のイミグレーションに行きスタンプを押してもらおうとしたところ、お兄さんが「ここでは押せないよ。」というしぐさ。
どうして???ここは、<ファルコン>なぜ???

混乱している私に、両替商?のおじさんが声をかけてきてくれて、「あっちに行け。」みたいなジェスチャー。
そういえば入国用と出国用のイミグレーションがあると、誰かがブログに書いていたことを思い出した。
良く見ると向こうのほうにも、イミグレーションらしき建物が。歩いて行ってみると、ありました、もうひとつのイミグレーション。
そこで、スタンプを押してもらって、ふ~一仕事終了。

次は、バスターミナルがある<クロリンダ>の町までいかなくてはいけない。ここで、節約バックパッカーの癖が出て、タクシーに乗ったらいいものの、丁度<クロリンダ>行きのバスがあったので、それに乗り込んでしまった。

バスのおじさんに、何度も「バスターミナルに行きたい。」と言っておいたのに、
セントロを過ぎた辺りで、ストップ。当分発車する感じでもないし、
早くバスターミナルに行きたい私は、焦りが限界にきて「バスターミナルはどこですか?」と聞くと、
おじさんは「#%&$"?*+#%&$"?*+#%&$"?*+」。
何を言っているのか全くわからないけれど、このバスがバスターミナルまでは行かないことはなんとなくわかる。
「それならそうと教えてよ~(泣)。」
バスを降りて、おじさんが指をさした方向に、不安を抱えつつ歩いていくと、ありました、バスターミナル。
よかったー。

しかし、ここでもまた問題が。

バスターミナルに、乗る予定のFLECHA BUSのバスはたくさんあるのに、
チケットオフィスが閉まっている。誰もいない。
時間が早すぎた?と思いながら考えこんでいると、おじさんがやってきて、「#%&$"?*+#%&$"?*+#%&$"?*+。」何を言っているのかわからない。どうやら、「ここでバスのチケットは買えないよ。」と言っているらしい。

私は質問する「PORKE?どうして?」。

おじさんは答える「#%&$"?*+#%&$"?*+#%&$"?*+。」

そして、自分の車を指して、チケットが買える場所まで送っていってあげるよ、みたいなしぐさ。でも、そのおじさんの車、明らかにタクシーでなく自家用車。

怪しい。

でも、ここでチケットを買えないのは確かそうだし、タクシーを拾うのも大変そうな場所。おじさん、嘘をついているようにみえないし、ここは信用して乗っていくことに。タクシー代は15ペソ、高いような?でも、値切る余力はなし。言い値で行ってください!

10分ほどで、FLECHA BUSのオフィスに到着。駆け込んで、「サルタ行きのチケットありますか?」と聞くと、おにいさん「あるけど、いつ?」と一言。
よかった~。座席表を見せてもらうと、50座席ぐらいあるうち埋まっているのは
たった1席。空き席があるかどうか、ずーと心配していた私はなんだったのだろう。
一番前の席をゲットして、一息。これでなんとか、サルタまで行ける。

出発までの、3時間はうたたねしたり、これからの予定を立てたり。

予定通り、13時10分にサルタに向けてバスは発車。私以外に、4人ほどの乗客でガラガラ。
こんな状態で、採算が合うのか心配になるくらい。
あとは、サルタまでの14時間座っているだけと、安堵。
1時間ほどで次の町のバスターミナルに着いたものの、発車する気配なし。
運転手も降りて話し込んでいる。

なんかいやな予感。
いやな予感は当たるもので、バスがプロブレマー、故障したらしい。

がーーーーん、どうして???頑張ってこのバスに乗るために、朝早起きして、念入りに計画して頑張ったのに(涙)。

一瞬、不安がよぎる。バスに乗っているのはたったの4人。
そしてこれから乗り込もうとしている人も5人ぐらい。バスを利用するのは数人だけだし、今日はここで終わり。明日のバスを待つようになんて、バス会社から言われるんじゃないの?とよくないことばかり想像してしまう。

20分ほど過ぎた頃、メカニックの2人がやってきて、タイヤを交換したり、バッテリー部分?をいじりはじめた。なんだ、すぐに直るぐらいの故障だったのね。
30分ほどで、修理完了。ドライバーのBAMOS!(出発)の言葉を聞いて、心を撫で下ろした。
※このバス、あと10時時間は走る続ける。日本だったら故障して、ハイ
直りました、出発なんてことあるのだろうか?

後は、何度もバスターミナルに止りつつ、朝7時に無事にサルタに到着。

なが~い、なが~い、移動日が終った。

これが2人ならしんどさも半分。ひとりなら全部を引き受けるしかない。

わかっているけど、堪えます。

DSCF3773.jpg
国境の町ファルコン、
向こうはもうひとつの国境クロリンダ。
ややこしい!

DSCF3777.jpg
イミグレーションが隣あわせ。
奥が、パラグアイ、手前がアルゼンチン。

DSCF3778.jpg
バス会社の事務所。ここまで来れたと安心しきったのだけど。

DSCF3779.jpg
クロリンダは特に見るところもなさそうなので、
なにもせず、ひたすら時間をつぶす。

DSCF3781.jpg
バスはがらがら。私の心配はいつも杞憂に終わる。

DSCF3782.jpg
修理中、大丈夫か?あと10時間ぐらいは走るのに。

DSCF3792.jpg
私の心労を表すかのように、サルタの町もどんより。
到着したときが曇りだと、テンションも下がる。

DSCF3795.jpg
移動日のがっつりメニュー。
2回目の、アルゼンチン郷土料理ロコルコ。
30ペソ(約600円)



◆アスンシオンからサルタへの行き方 2011.4
アスンシオンのバスターミナルから、ファルコン行きの
コレクティボに乗る。

ファルコンが終点

イミグレーションが2箇所かる。奥の方のでスタンプをもらう。

イミグレーションから50メートルぐらい歩いたところで、
クロリンダ行きのバスあるので、それに乗って町まで行く。

バスターミナルで降ろしてくれるかは不明。
FLECHA BUSのオフィスは一応あけれど、私が行ったときは
チケットを買えなかった。

※FLECHA BUSのオフィスは町中にあり。
個人的に、この会社はお勧めしない。車体が古いし、
サービスもいまいち。
後で知ったけれど、Tigre Iguazのバスもある。
そちらほうが、バスも綺麗でいい感じにみえた。

| アルゼンチン | 08:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルゼンチン最後の観光地 イグアスの滝

ナイアガラの滝と並んで有名な世界遺産<イグアスの滝>に行ってきた。

プエルト・イグアス街からバスで30分ほどのところにあっる。

1週間ほど前に、名物の滝の近くにをボートで行くツアーで
転覆事故が起き、アメリカ人の方2名が亡くなられた。それ以来その
ツアー中止になっている。そのせいかどうか、わからないけれど
人はそんなに多くなく、静かな感じ。

でも、滝を見る展望台までくると、轟音が聞こえてくる。
そこにあるのは、滝というより<濁流>という感じの水の流れ。
水の量がすごくて、ドドドドーーーーって感じ。

展望台は何箇所かあって、公園内を走っている電車に乗って移動。

でも見ているうちに、飽きてしまって、最後の方はもう滝はいいって感じに
なってしまった。

この淡白な文章から伺える通り、「まあ、どうせやから見れてよかったかな。」
という感じの滝でした。

◆イグアスの滝 入園料100ペソ(約2,000円)
DSCF3665.jpg
名所、悪魔の喉笛。濁流!

DSCF3668.jpg
すごい迫力です。

DSCF3673.jpg
虹がかかる。

DSCF3686.jpg
園内にはやたらに蝶が。

DSCF3692.jpg
昼食抜きだったので、夜食ははりこんで59ペソ(約1,200円)のお肉を食す。
アルゼンチン伝統の味とメニューにあったので、頼んでみましたが、
まあまあ美味しいステーキという感じでした。

◆Peter Pan ★★☆☆☆
・60ペソ(約1,200円)
・宿の人は愛想がない。バスターミナル周辺のホステルを何件か
 チェックしたけれど、どれもイマイチ。歩きつかれてここで妥協。
・朝食はパサっとしたパン&菓子パンと、コーヒー、紅茶。 
 菓子パンはなぜか、食べだすと出てくる。

peter.png

| アルゼンチン | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラジルビザ申請

南米のほとんどの国は観光目的ならビザが必要なし。
でも必要な国もある。

それは意外なことに<ブラジル>
日系人が多くて、日本との関わりが他の国よりもありそうな
国なのに。

やっかいなことにブラジルビザを申請するには、
ブラジルへの往復航空券、残高証明書の提示などの必要書類が多くて
面倒。

でも、ここプエルト・イグアスでは他の場所で申請するよりも
簡単にビザが申請できるという情報を得て、早速到着するやいなや
領事館に行ってビザを申請。

必要な物は
・写真1枚
・105ペソ(約2,000円)
・申請用紙

※90日のマルチビザがもらえます。2011年3月現在

注意すべきは、申請用紙。領事館に申請用紙があるわけではなく、
事前にネットで申し込んで、自分で出力して提出するという面倒なことになっている。

それを知らずに、当日領事館で知らされ、インターネットカフェを探しまくった
という人に出会いました。

朝9時提出して、ビザを受け取れるのは翌日の午後12時。
プエルト・イグアスは滝を見る以外、特にすることがないのでなんとも
めんどうな感じ。※11時に行けば、だいたい用意は出来ているようです。
私は、11時5分ぐらいに行ってすぐにもらえました。

その後すぐに、イグアスの滝の観光へ。



プエルト・イグアスでブラジルビザを申請しようとされている方は、
以下のようなスケジュールで動いたほうがよい感じです。
1日目 ビザを申請 その後イグアスの滝観光
※申請時間 午前8時~11時まで

2日目 ビザを受け取り、次の街へ移動 or イグアスの滝観光 
※前日に早く申請しても、受け取りは午前11時か12時と言われるようです。
現に、午前11時前にはまだ用意できていない感じでした。

領事館の係員のおじさんは、親切でした。




DSCF3658.jpg
プエルト・イグアスのブラジル領事館
日本人に人気の宿Peter Panの向かい側にあります。
バスターミナルから歩いても5分ほど。

DSCF3652.jpg
係員のおじさんは物腰がやわらかく親切。

DSCF3653.jpg
ドキドキしたけど、意外に簡単に申請完了。
90日のマルチビザ。

| アルゼンチン | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。