世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バックパッカーに人気だった国、シリアを想う。2009年の旅

ソ連もシリアを爆撃すると表明し、泥沼化しているシリア情勢。

正社員として忙しかったのに、なんとか有休を工面してシリアを
旅したのが2009年。
たった6年前というのが驚き。

数ある中東の国の中で、なぜシリアに行くことにしたかというと、
その当時バックパッカーの中でシリアは「すごくいい国」
「旅しやすい」「中東の中でも安全」という話が通説とあって、
そんな旅しやすい国なら、ヨーロッパにいく感じでいけるのでは?と
考えて行動に移した。
7日間ほど滞在したシリアは、一部の親父のセクハラはあるけれど、
みんな優しくて、本当に旅を楽しむことができた。

だから、私は日本で報道されている
「独裁者アサド大統領」「独裁政権にシリア人が苦しんでいた」という
ことが本当なのかと疑いの目を持っている。
確かに問題はあったかもしれないけれど、今回もアメリカがしゃしゃり出て、
「遠く離れた、不満がありながらも国民は普通に暮らしていた国」
をかき回しただけじゃないの?と思ってしまう。
ブッシュも、オバマも、シリアに行ったこともないだろうし。

平和だった時のシリアを知ってほしくて、ブログに写真アップしました。
あの笑顔だった少女達は元気にしているだろうか、、、。

シリア女子
シリアで撮った中で一番好きな写真
(パルミラ遺跡)

シリア111

siria1.jpg
ダマスカスに到着して初めて言葉を交わした家族

シリア12
世界遺産パルミラ
爆破されるのではないかと危惧されている。

シリア6
ホムス近郊にて

シリア10
シリアは夜歩いても安全ということで、屋台でご飯を食べる。
普通の暮らしが、平穏に暮らす生活が、確かにあった。

シリア11
ダマスカスで工房が集まるエリアを歩いていて、ふらっと入った
ジュエリー工房。

シリア13
シリアの土産として人気のある寄木の箱を作っている工房にて。
色々店を見渡すと、ものすごい細かい寄木の箱があってじーと
見ていたら、「これは僕の祖父が作ったものだよ」と説明された。
日本円で1万円ほど。シリアの物価にしたら破格だったけれど、
おそらく同じクオリティーを作る人はもういないと思い購入。

シリア内戦で観光客もおらず、おじさんはどうしているのだろうか。
職人の技術も壊滅してると思う。
それはいくらお金を出しても取り戻せないものなのに。

シリア9
派手な飾り物をつけて飲み物を売るおじさん
(ダマスカス)

シリア8
夕方のマーケット
どの国も、品を定める時は真剣。
(アレッポ)

待ち中

シリア7
私達が半袖で暑い暑いといっているのに、コートを着ている女性達。
エジプトでも同じ光景があったので、イスラム教の女性の体は
適応しているのだろうと思った。
(ホムス)

シリア食事

siriya.jpg

シリア1
アレッポ
今は、アサド政権、IS、クルド人が奪い合う激戦の土地。

シリア3
ダマスカスを見下ろす
アサド政権下にあるので、今もこの景色がみれるのだろうか。

ssiria 切手
お土産に買ったアサド大統領の切手 

彼は本当に独裁者なのか否か。
それを「アメリカが決めつけることではない」ことだけは確かなこと。

| 未分類 | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋、ショートトリップ

20150802_3.jpg
岐阜まで足を伸ばし(といっても電車で20分)花火大会を見て、

20150802_2.jpg
和菓子好きのインドネシア人の友達とかき氷を頬張り、

20150802_1
ボケーと車窓からの風景を眺めた旅でした。

| 未分類 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同感

本屋でふと見つけた「就職しないで生きるには21」といサブタイトルの本がある。

最近、出版されたシリーズ第4弾「あしたからの出版社」を購入して3時間ほどで読破。

就職活動に挫折した著者が、編集経験もないのに
自分ひとりで「夏葉社」という出版社を立ち上げるまでを綴っている。

今の自分と重なり合う部分が多かった。
その中でも特に、「あ〜ほんまにわかる!」と思った一文がある。

時間も、体力もあるのに、

することがほとんどないというのは、

つらいことだった

あしたからの出版社

今の私も全く同じ状態で、
「仕事がない」という状態がしんどいのではなく、
「なにもすることがない」その現実ががたまらなく
憂鬱な気分にさせる。

でもある人は
「そういう時期は絶対に必要で、その時間が貴重な時だったことが
わかる日が来る」とも言う。

あともう少し頑張るか
それとも違う道を模索するか。

なんでもやれそうな気がしたし、
なにひとつやれない気もした。
不安というのではなかった。
ただ自分が人生の転機にいることが、
奇妙なくらいはっきりとわかった。

あしたからの出版社

同感

あしたから出版社

| 未分類 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現代のアルバイト事情

私がはじめてアルバイトをしたのは15年ほど前、地元のパン屋さんだった。
あの時と今ではアルバイトの事情は大きく変わっている気がする。
そのことを書いてみる。

私が選ぶバイト先に問題があるのか、それとも業界全体がそうなのか、
とにかく、きつくて、ハードで、バイトの領域を超えた扱いをされる。

今のバイトは有名大型ホテルで、ルームサービスとして配属されたのに、
いきなりレストランの配膳にまわされた、かと思っていたら、
日によってはルームサービスに戻されたり、
私はどこに所属しているのかわからない状態。

レストランの配膳はひたすら空いたお皿を下げる仕事。
400人は入る規模の大きいブッフェ・レストランなので、
お皿の数も多く、歩く範囲も広く、8時間ハイキングをしているような
肉体労働。
家に帰ったら、ソファーに横にならなければ動け出せないくらいぐったり。

愚痴を言ったところで何も変わらないから、
もうどうでもいいと思っているけれど、
更衣室で聞く正社員の話をきいていると、
「生き残るのはたいへんや〜」と思う。

正社員よりも派遣、アルバイトが占める割合が多くなっていると聞くけど、
今の日本、バイトだから我慢して働けるという仕事が多いということでも
あると思う。

「ここで一生、正社員で」と考えたらとてもじゃないけど続けれない仕事。
そんな仕事がたっくさんあるのが、今の日本の労働環境だと私は思う。





| 未分類 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「断捨離」ついにアメリカで?

断捨離、先進国日本

ついに、アメリカでも断捨離がブームになってきているらしい。

本屋で気になって買った「minimalism」
※ミニマル(英: minimal)は、「最小限の」という意味である。wikepedia

読んでみると、必要な物以外は持たずに、所有物は最小限にして
生活を改めようというアメリカ版断捨離術。

大きな違いは著者が男性2人ということ。
だから視点は少し違うような気がする。

1DKの部屋に住んでいる自分の状況と比べて
アメリカンドリームの一戸建ての家のスペースを埋めるために
どれほどの物が必要かと考えると、ものすごい量の物質に
資金が必要だとわかる。

広い→スペースがある→物が置ける→ショッピング!!!
それが本当によいことなのか?

確かにな〜という本です。

140430-7.jpg

| 未分類 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT