世界放浪 ONE WORLD ONE LIFE 女一人旅

世界を廻る1年5ヶ月の旅は完結。日本での日々を綴ってます。

≫ EDIT

過去からの視点

今はブログが日記代りになっているけれど、過去自分の
思いを書き溜めていた日記を読み返してみた。
改めて、「私っていつも悩んでるやん!」と思った。

ダイアリー

手元にある一番古い日記は1996年(留学前)のもので、
あとは、東京時代、大阪時代とある。

1996年、留学できるかで悩み、
留学後は、アメリカやっていけるのかと悩み、
東京では就職がなかなか出来ないことに悩み、
大阪ではクライアントと同僚の人間関係で悩んでいる。
ロンドン時代のものにも、同じような悩みを書いていると
想像できる。

こうやって過去を振り返ると、一番悩みがなかったのは
このブログを書き始めた世界一周時代だったのだとわかる。
最近、8年に渡る世界一周を終えて帰国した人が、
日本に帰ってきて感じる「モヤモヤ」は一体なんだろう?と
ブログに書いていた。

日本という社会がこのモヤモヤを生むのか、
もしくは、定住生活という生活形態がこのモヤモヤを生むのかは
分からない。


人間にはおそらく、定住型と移動型があって、
移動型の人間にとっては、日本の型にはまるのがなかなか難しい。
なぜなら、日本は定住型の世界だから。

日記をパラパラ読んでいて、アメリカから帰国した私が就職活動に
苦戦していることを知った友達からのメールの文章が心に残った。

Be sure to decide in advance
what you want from a job and look for one that fits your needs.
If you want reasonable woking hours, look for
one that offers that even if they pay is not as high as others.
We cannot give everything we want. But we can usually get
what is most important to us.

就職活動は始める前に、自分自身が仕事に求めるものを明確にして、
自分の求めるものにあった仕事を探すことが大切だ。
もし、君が労働時間を重視するなら、給料が少し少なくても受け入る
べきだ。私達は全てを手に入れることが出来ないけれど、普通は、
自分がもっとも大切にしていることは手に入れることができる。


なるほど、アメリカであろうと日本であろうと
仕事を探すときに大切なことは一緒なのだろうと思う。

行動あるのみ!

| 就職活動 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時代は変わる、人の本質は変わらず。

先日、司馬遼太郎記念館に行った時に購入した本
「ビジネスエリートの新論語」で印象深かった言葉。

しば

無用の長物
われらは、論理の動物をあつかっているのではなく
感情の動物をあつかっているのである。
しかしその動物は偏見に満ち、誇りと虚栄心に燃えている
動物である。 <D・カーネギー>

というような厄介きわまりない人間という動物に、
しかも、上役、同僚、下僚といった階級の輻輳した動物に、
サラリーマンは毎日つきあわされている。

この本は、司馬遼太郎になる前、昭和39年ごろに一度出版
されたもので、今の日本とは全く違う環境の中で書かれたはず。
でも、今の私が職場で思うことを的確に表現している。

時代が変わっても、人の本質は変わらないということか。

ひとつ違うことは、右肩上がりではない今の時代、
そんな上司の下で我慢して働くのはごめんだ、と思い
妥協せずに次に行こうと行動を起こす人が、少数派では
なくなってきているということ。
私もその一人。

| 日本 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「動けなかった?」「動かなかった?」 2016年

今年を振り返ると
「動けたのに、動かなかった」という言葉が一番しっくりくる。
いやでも、やはり「動けなかった」気もする、、、。
「何か決めたらそれに向かって邁進できる」のが自分の取り柄だと
思うので、「動けたのに、あえて、動かなかった」
ということにしておきたい。

年末に仕事が何件か動きがあり、そのうち採用されたのが全て私の案だった。
普通なら達成感があるはずなのに、私から浮き上がってきたのは
「いらつく」という感情。

会社に貢献すればするほど、むなしくなるという現実。

いろんな人に話しを聞いてもらったけれど、結局行き着いた答えは
「自分の中にある苛立ち、不満を起爆剤にして次に進むしかない」

正月が終わり、春がきて、半年が過ぎ、夏がくる、本当にあっという間。
来年が今年と同じであっては絶対にいけない。
上手くいくか否かは考えず、まず行動あるのみ。

「来年が今年と同じであっては絶対にいけない」
こんなに強く思ったのは、初めてかもしれない。

同じにしないために、行動していく、それしかないと今思う。

お土産2017
家に飾っている置物達も磨き終えて、1日がかりの大掃除完了

| 日本 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金沢旅行

家族で金沢へ1泊2日で行ってきた。
天気もまずまず、旅館もよくて満足、満足。

金沢1

金沢8

金沢2

金沢7

金沢6

金沢5

金沢3

金沢4

| 国内旅行 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時々取り出す本「聖なる知恵の言葉」

日曜、朝から雨。
見たいテレビもないし、映画を観る気分でもないので、本でも
買って読もうと思い書店に出かける。
しかし、特に買いたい雑誌も本もなく買わず。

最近は読んだらすぐにアマゾンで中古として出品するので、
本棚にあるのは選りすぐりのものばかり。
10冊ほどの中に、もう何度も読んだし、本の効力もなくなってきた
感じなので捨てようかなと思っていた本がある。
でも自分の想いが染み付いるようで、捨てれない本。
「聖なる知恵の言葉」

20121121_143302.gif

今でも自分がその本を買った時の場面を覚えている。
14年ほど前に、今は無き東京のABCブックストアでふと手に取った本。
お風呂に入りながら、パラパラとめくって読むと心に響く言葉がある。

あの時からいろんな経験をしてきて、純粋な気持ちでは読めないページ
もあるけれど、やはりこの本の中にある言葉を信じれる自分でいたいと
思った。

例えばこんな言葉

心を平静に保ち、
人生を振り返ってみなさい。
人生をつらぬいている
明確なパターンと計画が見えてきます。

何事も偶然ではありません。


「このままではいけない」という思いが日に日に強く
なっている今、手元において自分を奮い立たせていこうと
思う今日でした。

| 日本 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT